店舗一覧

車検費用の確認は、車検料金の各費用項目を十分チェックされることが大切です。

速太郎 車検料金表

運輸局長指定工場「整備保証付」 (整備箇所は6ヵ月又は1万kmまで整備保証付)

申請代行料0円 車検基本料0円 事務手数料0円

車検料金表

車検料金表

ご予約はこちらから!!

◆「3,000円+消費税ご優待」とは以下の条件に該当されるお客さまが対象となります。
  • ・60才以上の方(60才以上の方とご一緒に来店された場合も含みます。)
  • ・身障者手帳をお持ちの方(ご家族のお車も含みます。手帳をご持参下さい。)

◆インターネット専用特別ご優待割引についてはこちらをご覧ください。

※ご優待については一部取扱いのない店舗もございます。また、一部車種につきましては取扱いできない場合もございますので、各店舗にご確認ください。

※上記金額には、法定56項目の点検費用が含まれております。※輸入車は10,000円+消費税アップとなります。※ご優待は検査費用の割引です。※各種割引制度との併用はできません。※消耗品、不合格品及び各種調整作業が発生した場合は別料金となります。※同一車種でも仕様により重量税が異なる場合がございます。※車検の合格日により、自賠責保険料が変わる場合がございます。★車検は期限日の40日前から。有効期限は変わりません。★諸費用込み全額・分割ローンも可能です。(取扱いのない店舗もあります)※自賠責保険の更新は、車検時に当店にて承ります。※ハイブリット車は、1.5tまでのエコカー減税適用車の料金です。※ハイブリット車は、車種・年式によって重量税が違います。なお一部取り扱いのない店舗や検査費用の異なる店舗がございます。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

※表示料金は平成25年度4月1日以降の価格です。法定費用等の変更により金額が異なる場合があります。
※沖縄県は自賠責保険料が異なります(沖縄の料金表はこちら

ご存知ですか?自動車重量税の減免について。

平成21年4月1日から平成24年4月30日までの期間内に、環境性能に優れた自動車について、車検を受ける場合に重量税が減免される場合があります。
対象車など、詳しくは、「国土交通省ホームページ」でご確認ください。

最短45分! 軽自動車・RV・バン・セダンなど 全車種一律13,000円+消費税の低価格を実現できる理由
お客様とのコラボレーションで速さと安さの両立を実現!

速太郎車検の速くて・安いシステムには、お客様のご協力が欠かせません。
お客様に事前に予約をして頂いた後、お車を持ち込んで頂き、お客様の立合いの上で、国家資格を持った検査員と車検専門の整備士が2名体制で車検をすすめます。
このようにお客様にご協力頂くことで、最短45分のスピード車検を実現しています。
こうして、最短45分の車検を実現する事で、検査場の運用効率を向上し、全車種13,000円+消費税の一律低価格を実現しています。
また、低価格で忘れていけないのが、手数料です。
速太郎は、「整備業からサービス業へ」をスローガンに お客様第一主義を徹底、申請手数料・代行料・事務手数料などの申請手数料を全て無料にしました。
速太郎の安くて・速い車検システムは、お客様と速太郎のコラボレーションによって生まれたシステムなのです。

車検時にご用意頂くもの
自動車検査証 1.自動車検査証 認印 2.認印
車検証の「使用者」の印鑑(認め印で可)をお持ちください。
自動車納税証明書 3.自動車納税証明書
今年度の証明書、もし紛失された場合は管轄の自動車税事務所へ行けば再発行してもらえます。
自動車損害賠償責任保険証明書 4.自動車損害賠償責任保険証明書
必ず、有効期間中の自動車損害賠償責任保険証明書(旧自賠責保険証)をお持ちください。
※自賠責保険の更新は、来店時に当店にて承ります。現在お持ちの自賠責証明書をそのままお持ち下さい。
5.車検時諸費用
速太郎車検料金表」をご覧ください。
お車の状態によっては、車検合格に必要な整備が発生する場合がございます。
またオイル交換や、タイヤ交換などの追加整備も車検時にお受けします。
その際は別途料金がかかりますので予めご了承下さい。
(追加整備が必要な際も必ず見積り明細を作成し、お客様へはご相談・ご確認いたしますのでご安心ください。)
任意保険証 6.任意保険証(できれば)
カーライフコストの低減にお役に立ちます。
お客様の・免許証の色・年齢・使用目的などカーライフに合わせた保証内容に改めることで保険料が安くなる場合がございます。

ページの先頭へ