コラム

車検費用の特徴と相場の重要性について

車検費用には何が含まれる?


車検費用は、点検や整備料金といった整備工場に払うもの、そして自動車重量税・自賠責保険料・検査手数料などの国や保険会社に支払う金額の2種類が主となっています。またその他、塗装料や保安確認検査料・検査代行手数料・故障診断料・引取料・納車料など付帯サービスを利用する際の金額も、念頭に置いておくべきでしょう。
また実際に作業する際は、より細かな内訳にも振り分けられます。メインとなる点検・整備に関しては、基本点検技術料、整備技術料、部品・油脂代、エンジン下廻り洗浄料のそれぞれが代表的です。専門的な知識や技術が伴う検査であるため、やはり総じてそれなりの代金が求められます。内訳を理解して、いざ支払いをおこなうときに困ることがないよう、十分にお金を用意しておくことが大切です。
大事なマイカーの検査となるため、徹底的に作業をおこなって欲しい反面、やはりできる限り出費は抑えたいと考える人がほとんどでしょう。ですが、前述のように料金が発生する部門は多種に亘ります。それにより、まとまった額が求められてしまうのです。内訳がしっかり理解できていなければ、いったいなぜただの検査にここまで金額がかかってしまうのかと、不審に感じられるかもしれません。それでは、検査が無事済んだところで、気持ちのよい快適なドライブや移動はできなくなってしまいます。上記のような部門が存在するからこそ、まとまった額が必要になってくる、そのことをしっかり把握しておいてください。支払うお金が、大事なマイカーのためにしっかり使われている、そのことを知っておけば、安心して依頼できます。

車種によって車検費用はどう変わるのか


同じ車の検査であっても、車種によって作業内容は変わってきます。車体が大きければ、その分純粋にチェックする範囲は広がります。それだけに、車検費用も変動するのが一般的です。また実際は、法的な観点においても必要になる金額は変動します。車種それぞれでどのように変化するのか、あらかじめ知っておくべきです。
特に変動が激しい点には、重量税などの法定費用が代表的です。
平成29年4月1日以降の価格だと軽自動車であれば、自賠責保険25,070円、重量税6,600円、印紙代1,100円の合計32,770円となります。続いて1トン以下の小型乗用車は、自賠責保険25,830円、重量税16,400円、印紙代1,100円の計43,330円、中型乗用車1.5トン以下では、自賠責保険25,830円、重量税24,600円、印紙代1,100円の51,530円といった具合になります。そして1.5~2.0トンの中型自動車、2.5トンまでの大型自動車も、自賠責保険と印紙代料金は同じですが、重量税が前者32,800円、後者41,000円とやはり違いが見られます。このように、車種によって法定費用に比較的大きな違いが見られるだけでなく、法定費用は年によって改定されることもあります。
また合わせて、24ヶ月法定点検、検査代行料も別途伴うため、最終的な金額は法定費用合計に5~10万円ほどがプラスされた金額になるのが一般相場です。車種のサイズによっては、このように結構な違いが見られます。あらかじめ利用している車種の相場を確認して、どれぐらいかかるのか予想しておくと良いでしょう。

費用は会社によって異なるため、きちんと比較して選択することが重要


前述の通り、車検金額は法定費用プラス点検料や代行料も伴います。そしてこれら点検料については、車検会社それぞれで異なります。冒頭でも触れていますが、やはりマイカーに乗り続ける上で欠かせない車検とはいえ、できる限り相場を下回るような安いところで見積もりたいというのが基本的な考え方でしょう。そのため実施する際には、どの会社を選ぶかしっかり比較してより効率的なところを選ぶのがおすすめです。
比較のコツとしては、インターネット上の見積もりサイトが有効です。自宅から訪れやすい会社を検索して、さらに安いところがスムーズに比較検討できるような便利に感じられるサイトが、近年少なくありません。また良心的なサイトであれば、予約特典やキャンペーンを合わせて利用できるようなところも存在します。たとえば、インターネットから予約することで1,000円割引が利用できるものや、60歳以上、身体障害者手帳を持っていればさらなる優待特典が受けられるといった具合です。うまく活用して、費用負担の少ない点検を実現してみてはいかがでしょうか。
またインターネットを通して利用するメリットとして、事前予約できる点が挙げられます。飛び込みであれば、待ち時間も予想されますが、事前予約制であれば貴重な時間も無駄にしません。点検自体は最短45分などといわれているので、それこそ仕事や家事の合間を利用しておこなっても良いでしょう。このように、ウェブサイトを通した会社検索や比較には、多くのメリットがあります。うまく活用してみてください。"

次の記事へ