コラム

車検を受けるにあたって

車のメンテナンスについて



車を所持している方にとって絶対に通らないといけない道は車検です。車の検査は定期的に受ける必要があります。これは法律で定められているため、誰しも決まった時期に受ける必要があるのです。日本人の多くは車を所持していますが、こうした検査を受けるのは、車を利用して道路を安全に走行するためです。安全性が低くなってしまえば、最悪の事態になることも考えられますので、車を運転する方は最低限のメンテナンスはする必要があります。では、実際にメンテナンスをするにあたって、主に見なければならない箇所はどこなのでしょうか?今回は、チェックをしっかりとおこなっておいた方が良いメンテナンス箇所の紹介をします。

まず、一つ目はエアエレメントになります。エアエレメントは放っておくとエンジンの調子が悪くなることがあります。エンジンの調子が悪くなるというのはうまく機能しなくなったり、スピードが出なかったり、燃費の悪化の原因にもつながります。

二つ目はエンジンオイルですが、これも劣化が進みすぎてしまうとエンジンの不調につながります。エンジンが壊れてしまうと車は使えなくなる可能性が高くなります。たとえば、新車だから問題ないとエンジンオイルの交換を放っておくと、場合によっては新車であったとしても壊れる可能性が高くなります。大体の交換時期は定められていますので、まずはしっかりと定期的に交換をするようにしましょう。

三つ目はオイルエレメントですが、これに関してもフィルターが詰まってしまうとエンジンのあらゆる部分を傷めてしまう可能性があります。エンジン部分は非常に大切な箇所となっているので、放っておくとせっかく購入した車が壊れてしまう可能性もあります。日本車は簡単には壊れないと言われていますが、やはりメンテナンスを怠ると劣化の可能性は十分に考えられます。その為にもメンテナンスは必要不可欠となっているのです。その他にも、タイヤの状態を確認するなど、さまざまな確認箇所があります。これらの点検をしっかりとおこなっておくことで、車検を無事通過することができますし、快適なドライブも可能となります。



車検を選ぶ際のポイント



車を所持している人なら必ず受ける車検ですが、受けられる場所はたくさんあるということをご存知でしょうか。中には、車を購入した場所で受けているという方もいれば、自分で車検に出すという方も存在しています。受けられる場所だけでなく、実は費用に関しても場所により異なる場合があります。そこで今回は、車検を選ぶ際のポイントについて詳しく説明します。

まず、通常の車検の場合ですが、費用に関しては法定費用や検査料金、整備費用、申請代行料、台車手数料、検査機器使用料などあらゆる費用がかかっていました。これらを合計すると、高額な費用になる可能性も出てきます。ですから、検査の時期が来るたびに費用を捻出するために苦しい思いをしているという方もいるのではないのでしょうか。しかし、場所によってはかなり費用を抑えられるところも存在しています。

具体的に説明をすると、法定費用と検査料金、整備費用の三つだけしか費用が発生しないという検査もあるのです。当然とはなりますが、三つの料金しか支払わなくていい為、費用も安く抑えることができるということなのです。これを見る限り、自分で車検を出すくらいの費用で受けられることもあるのです。しかしこの場合、何か不具合があれば再検査をする可能性もあります。ですが、場所の選択を間違えない限り、手間を省き、さらに費用を抑えることができるのでお得です。受ける場所の選び方と言うのは非常に大切です。費用を安く受けたいと思っている場合には、法定費用や検査料金、整備費用の三つだけを素早くおこなってくれる場所で車検を受けると、安く済ませることが可能となります。



業者の選び方について



車検を受けるにあたって業者を選ぶこととなりますが、受けられる業者はさまざまです。ですから、選ぶ際に悩むということもあります。費用に関しても場所によっては異なってきますので、前もって調べて、できる限り安く受けられる業者に依頼をすると良いでしょう。

しかし、車検は業者によっては費用以外にも面倒なことがあります。たとえば、土日は受けられない、というようなところがあるということです。平日は仕事などがあるため休日に受けようと考えていても、場所によっては土日は営業をしていないところもあります。ですから、土日も関係なく営業している業者を選択すれば急な車検にも対応可能です。その他にも数時間で車検が完了できる場所がある等、嬉しい条件がたくさん付いている業者もあります。その中から、自分に適した業者を選択することにより、後悔することもありません。

業者が決まったら、来店の際には持参物も忘れずにもっていきましょう。主な持参物は、車検証、自賠責保険証、自動車納税証明証、そしてできれば任意保険証も持って行きましょう。

次の記事へ