コラム

ユーザー車検に挑戦すべきか専門家に依頼してもらうべきか

選べる車検の方法



車を所有するためには何かとお金が必要です。普段の燃料費などもそうですが、車検も数年おきとはいえ、かなりの費用がかかることも多いので、できる限り安く済ませたいという方も多いのではないでしょうか。車検は整備工場などで依頼して、専門家に任せるという方がほとんどかと思いますが、車検の方法は一つではなく、自分で検査や手続きを行うユーザー車検も行うことができます。条件次第では非常に安く車検を済ませることができますが、果たしてどちらを選ぶのが正しいのでしょうか。

ユーザー車検は文字通りユーザーが車検に関する全ての作業を行います。車検では運転時に安全を確保できているかをチェックしており、ブレーキランプやバックランプなどの灯火装置がきちんと働いているかどうか、タイヤの溝が残っているか、ガラスにひびが入っていないか、ブレーキがきちんと機能するかなど、様々なポイントをチェックします。これらを前もって自分で確認して、車検で定められている安全基準を満たしていると判断したら、車検を行っている全国の運輸支局へ出向いて、審査に合格すれば、晴れて車検を終えることができます。

何かしらの業者を挟んで車検を利用する場合は、自分で全ての作業をする手間を省くことができ、整備に関する専門知識が一切無くても、安全を確認することができるので、深い知識が無ければ、基本的には業者に頼んでおいたほうが安心です。業者によっては非常に安く車検を受けることができるところもあるので、多少仲介料を支払うことになっても、それほど大きな痛手にはならないでしょう。もちろん車に触れるのが好きで、定期的にメンテナンスを行えるだけの知識を持っているなら、ユーザー車検を選んだほうがお得です。



安い分難しい



車に安心して乗り続けるためには、定期的に部品が劣化していないかを確認して、時には交換作業などを行う必要があります。車検はこうしたメンテナンスを定期的に行うために用意された制度で、2年に1度専門家の下でチェックが行われています。多くの方は専門の整備工場などに依頼することが多いのですが、それ以外の方法として、自分でメンテナンスを行い、車検場まで足を運ぶユーザー車検と呼ばれる方法があります。全て自分で行うことによって得られるメリットも多いのですが、実際に行うとなるとどういった点に注意すればよいのでしょうか。

ユーザー車検のメリットは、値段がとにかく安いという点につきます。整備工場に整備や検査を依頼する場合は、仲介手数料などの様々な費用をかける必要があるので、メンテナンス作業に必要な費用も含めて、さらに負担が大きくなるのですが、ユーザー車検なら整備などの作業も自分で行う分、仲介手数料を支払う必要が一切ありません。そのため、とにかく維持費をかけたくないという方は、自分で整備を行う方法を学び、自分で全て済ませられるようにしましょう。

とにかく安いことで知られるユーザー車検ですが、その分難しい点が多いです。まず整備や検査に関する知識を学ぶ必要があるので、専門知識がないと車検に通ることができません。さらに検査を受けるために運輸支局に向かう必要があるのですが、平日にしかやっていないので、仕事を休む必要があるなど、何かしらの形で生活に支障が出るといわれています。さらに検査に落ちれば、再度整備のやり直しが必要になり、場合によっては専門家に整備を依頼しなければならないこともあるので、結果的に手間とお金がかかってしまうこともあるので、自信が無い場合は業者に頼んだほうがよいでしょう。



依頼先も重要



車に乗り続けるためには、様々な形で維持費を支払う必要があります。もちろん2年に1度の車検の支払いも続けていかなければなりません。少しでも安く抑えるために、ユーザー車検に挑戦しているという方も少なくありませんが、やはり専門的な知識が無いと難しい作業なので、手軽さと安心を求めてあえて仲介業者を利用している方も多いのが現状です。安心して車検を行うためには、車検の依頼先選びも重要なので、車検を依頼する際は注意して選びましょう。

先ほども述べたようにユーザー車検は想像以上に手間がかかります。そうした負担を減らすために、専門の仲介業者に作業を依頼することで、書類作成を代行してもらうことができ、各種整備も立ち会いの下で行ってくれます。このとき注意しておきたい点として、作業後に必要以上にパーツ交換を求め、本来必要無い交換作業を行って利益を得るところもあるので、交換が必要だといわれたときは、本当に交換が必要かどうか、状態をきちんと確認しましょう。

ユーザー車検の仲介を依頼したいときは、単純に料金の差はもちろんですが、修理作業の実力がどれだけあるかも見逃せません。手抜き検査で後からトラブルが発生しては笑い話にもならないので、仕事に信頼の置ける業者を探しましょう。初めて利用するならネットで評判を調べてみるなど、可能な限り情報を集め、何度も利用したことがあるところでも、仕事ぶりに疑問が出たときは改めて別の業者に乗り換えてみるのも一つの手です。

次の記事へ