コラム

車検についてのお役立ち情報と予約をする際の業者の選び方

車検の有効期限について



今では一家に一台と言われている車ですが、車には車検というものが存在しており、有効期限もあるので、一定期間を過ぎてしまうと検査を受けない限り公道では車を走らせることはできなくなってしまいます。なぜだと思う方もいるかもしれませんが、こういった制度がないと、車のメンテナンスを怠る人が出てきて安全に車を動かすことができなくなるからです。

こういった制度のおかげで、危険だと判断される車に関しては、公道を走れないような仕組みになっているので、公道を走っている車は安心で安全となっています。

今回は有効期限について詳しく説明をしていきますが、車検の有効期限というのは車種によっても異なってきます。すべての車が統一されているわけではありません。たとえば、自家用車の乗用車や軽自動車に関しては、新車購入時から3年目に受けることになりますが、2回目以降に関しては2年ごとに検査を受けなければならなくなります。車検の有効期限というのは、その車にも記載されていますし、ステッカーが貼られていますので、そこで確認をすることができます。しかし、ステッカーなどに関しては、外から見える部分はあくまでも目安ということになるので、ステッカーに貼られている月が有効期限というわけではなく、有効期限の日がある月を指しています。なので、たとえば1月1日で車検が終了する場合であっても、ステッカーに貼られている数字は1ということになります。車内から見える側に車検期間が満了する年月日が記載されています。

車検というのは、実はステッカーに貼られている月よりも前ならいつでも受けることができます。たとえば有効期限の3カ月前に受けるということも可能です。しかし、大抵の人たちはそのような受け方はしません。なぜなら、有効期限までの余っている3カ月間が無駄になってしまうからです。なので、多くの方たちは1カ月間前くらいに受けるようにしているのです。そのため、ステッカーに貼られている1などの数字は、その月に受けなさいということではなく、その月のどこかには有効期限が終了してしまうということになります。それより前に受けることは可能となっています。そして、無事に検査に合格をすると、有効期限が車種にもよりますが、2年間延長されることとなります。ちなみに仕事などが忙しく、有効期限内に受けられないという場合には、市役所に行けば延長をすることが可能です。しかし、いろいろな書類が必要になり面倒な部分もあるので、できる限り受けるようにしましょう。



車検と定期点検の違い



車を点検に出す際には、車検と定期点検がありますが、これらの違いはどういったものなのでしょうか。

車検というのは検査に合格するために整備や調整を行うこととなります。最大の目的は検査に合格するということが大切になるので、しっかりと整備をして検査に出します。それに対して定期点検というのは、車の性能維持を目的として行うものとなっているので、必ずしも行わなければならないというわけではありません。また、6カ月や12カ月ごとに必ず行っているという方もいらっしゃいますが、これは自主的に行っているのであり、法律で定められているわけではありません。定期点検は必ず受けなければならないわけではありませんので、注意が必要です。しかし、車検は法律で決められているため、必ず受ける必要があるものとなっています。車をいつまでも安全に乗るためにも、しっかりと受ける必要があります。また、検査を受ける場合には、いろいろな業者がありますが、車を購入したところで必ず受けなければならないかというと実はそうではありません。費用を抑えたいと思っている場合には抑えることも可能です。車にあまり詳しくない方は、検査についての違いを理解されていない方もいらっしゃいますので、特に他の場所を探しているという方は、いろいろと調べてみると、自分に合った業者を見つけることができます。



予約をする際の業者の選び方



車検を業者に予約するという場合、どこに予約したらいいのか迷うということもあるでしょう。迷う理由としては、やはり業者の数が多いということです。検査をしている業者は、住んでいる地域でも数多く存在していることでしょう。こういった場合のために、今回は予約をする際の業者の選び方について紹介をしていきます。

まず、予約をする決め手となることは、安くて早くて安心ができるということではないでしょうか。中には全車種一律の検査費用というところもあり、こういうところは費用も格安となっています。また、安いだけではありません。ほとんどのところでは車検をする場合には一日以上かかるというところが多くなっていますが、中には1時間もかからずに終わるというところも存在します。また、安くて早いだけではなく、走行距離に応じて法定保証も付いているところがあるので、予約をする際は、安くて早くて安心できる業者に依頼をすることが大切です。悩んでいるという方は、今回説明したことを参考に選んでみてはいかがでしょうか。

次の記事へ