コラム

車検についての豆知識

車検の仕組み



安心安全なカーライフを送るために、車検は必要不可欠となっています。そもそも、車検について詳しく知らない方のために簡単に説明をすると、国土交通省が一定期間ごとに行う自動車の検査制度のことを言います。自動車の検査をするにあたって、安全に走行ができる車だと判断されれば検査をパスすることができますし、逆に安全性に問題があると判断されてしまえば自動車に乗ることができません。それだけ安全のためには重要な検査となっているので、しっかりと仕組みを理解しておく必要があります。では、実際にどのような箇所を点検するのでしょうか?今回は車検時に点検してもらう箇所についていくつか紹介していきます。

まず、一つ目に大切だと言われているところはエンジンルームの点検です。車を走行させるにあたって一番大切なのがエンジンルームとなっていますが、その中でも点検箇所は様々です。例えば、ブレーキフルード量やファンベルトの緩みがないかなどの確認、エンジンオイルの量が適量かどうかの確認など、エンジンルームの点検は重要なポイントとなっているので、検査にパスするためにはあらかじめ点検をしておくことが大切です。

二つ目のポインは、車内や内装、走行の点検です。車内の点検としては車体番号やエンジンの形式などに改造をしていないかのチェックをします。その後、車の内外装の点検や走行時のマフラーの点検も同時に行なっていきます。基本的に違法改造をしている車に関しては検査をパスすることは出来ませんので、純正の状態に戻すようにしましょう。

三つ目は、下まわりの点検です。ここでは、主に車の下の部分に潜って異常が発生していないかの確認をしていきます。具体的に説明をすると、冷却水やミッションなどの点検やオイルの漏れが発生していないかの確認をします。下まわりは普段はなかなか目にすることがない場所となっていますが、走行をするためには大切な部分なので、検査の前には下回りも異常がないかあらかじめ見ておくようにしましょう。その他にもタイヤやホイールなどの点検もあり、破損や溝がしっかりとあるかなどの確認をしていきます。

今回は大まかな説明となりましたが、安全に走行をするためにも点検をしなければならない箇所というのはたくさんあります。車検をパスするためには定期的な点検も大切なので、いつまでも快適な走行をするためにも車検にこだわらず点検も定期的に行うようにしましょう。



効率よく賢く車検を受けるための豆知識



快適に車を走行させるためにも自動車の点検は重要となっていますが、賢く受けるためには様々な知識が必要です。特に、初めて受ける方はスムーズにできない可能性もあるので、今回は効率よく検査を受けるためのコツについて紹介していきます。

まず、そもそも車検はいつから受けられるのかということですが、基本的には自動車に記載されている検査満了日の1か月前から受けることが可能となります。検査を受けられる期間は1か月となっていますが、その間で早く受けたからといって次の満了日の日数が変更になることはありません。その為、早く受けようが遅く受けようが日数の変更はないので、焦ることなく書類などを全て用意出来たら受けに行くようにしましょう。

二つ目は、反則金が未納の場合は車検前に払っておくようにすることです。実は検査を受けるにあたって、反則金が未納となると検査すら受けることができません。その為、未納になってしまうと車自体に乗ることができなくなってしまうので、検査を受ける時期にくる前には速やかに支払を済ませておくようにしましょう。

三つ目は、できる限り安くできるところに依頼をすることです。検査は出す場所によって料金が異なります。出費をできる限り抑えたいと思っている方は、料金の見積もりなどをしてもらってから決めると良いでしょう。

このように、賢く効率的に検査を受けるために知っておいた方が良い情報は大きく分けると三つ程ありますので、受ける前にはしっかりと調べておいた方が良いでしょう。



車検の選び方について



車検を受けることができる場所は数多く存在しているのですが、実際に選ぶ際に悩んでしまう方もいます。そこで、今回は納得して車検を受けるためにも選び方について紹介していきます。

大きく分けるとユーザー車検と業者に依頼して車検を受ける方法がありますが、どちらにもかかる費用として法定費用があります。これに関しては、検査をするためにユーザー車検であっても支払わなくてはならないものとなっています。基本的に法定費用だけなら安く済むのですが、業者に依頼する際には検査料金や整備費用、申請代行料、代車手数料などあらゆる費用が発生します。しかし、業者の中には検査料金と法定費用のみで検査が受けられるところもあるので、こういったところを選ぶことによってできる限り費用を抑えながら検査を受けることができます。

次の記事へ