コラム

車検の豆知識についてと、かかる費用について

車検を受けなければならない理由


国内の道路を運行する車は、車両ごとにナンバープレートを付け、車検証を備え、車検ステッカーというものを表示しないといけないということが、法律によって義務付けられています。車検証には自動車の種類に応じて有効期限が定められており、期限を過ぎてしまうとその車を運行させることができなくなります。法律では、自動車の使用者は、車検証の有効期限の満了後も当該自動車を使用する場合には、当該自動車を提示して、国土交通大臣の行う継続検査を受けないといけないというのがあります。車の検査は一般的にこの継続検査のことを指します。

車の検査の際には、国が定めている保安基準に車両がきちんと適合しているかどうかを検査します。この場で適合していないと、有効期限内に更新ができなくなります。保安基準とは、自動車の構造や装置、乗車定員および最大積載量について、保安上または公害防止上の包括的な技術基準と定められています。簡単に言うと、日本の道路を安全や環境に配慮して走るうえで、車は最低限、このようなものではないといけないというルールのようなものになります。つまり、車を検査するというのは、国内の道路を運行する車が、国の定めた基準に適合をし、安全かつ環境にいい状態であるかどうかを定期的にチェックし、改善させるための制度ということになります。
車の検査の際には、国が定めている保安基準に車両こういったとこから、普段使用している車も、法律的で決められているからということではなく、安全や環境のためにしっかりと受ける必要があるということになります。

車検の仕組みや費用について


車の検査というのはどの時期に行わなければならないのかというのは決められています。
車の検査の際には、国が定めている保安基準に車両知っているようで知らないのが普通自動車や軽自動車の検査の仕組みです。検査を受ける時期についてですが、これは新車の場合、購入をしてから3年後に検査を受けなければならない場合がほとんどです。中古車の場合は、購入してから2年後という場合がほとんどで、場合によっては1年で検査を受けなければならない時もあります。初回の検査を受けてからは新車で購入をした場合でも、次回からは2年ごとに検査を受けることとなります。中古車の場合は初回と同じで2年ごとに受けるという場合が多いです。

次に、検査を受ける場合に必要となってくる書類ですが、一つ目は車検証になります。これは、普段車のダッシュボードの中に入れており、必要なときにすぐ提出できるようになっている場合が多いので、その書類をそのまま提出します。

印鑑についてですが、印鑑は車検証に記載されている使用者の印鑑を持っていく必要があります。そして、自動車納税証明書ですが、これは毎年だいたい4月~5月までにくる自動車税を納付したという証明書になります。この証明書も必要なので忘れずに持参する必要があります。次に、自動車損害賠償責任保険証明書ですが、必ず、有効期間中の自動車損害賠償責任保険証明書を持っていく必要があります。

次に任意保険証ですが、これは必ず持参しなければならないのかと言うものではなく、企業によっては持参することにより保険料が安くなるように無料で診断を行ってくれるというところがあります。

さらに、検査の時にかかる費用も必要です。検査費用は全車種一律となっていますが、その他の自賠責や重量税は車種にかかる重量によって変わって来ます。なので、問い合わせをして確認をした方が、後に想定外の費用が発生することはありません。そして、申請するときの費用や事務手数料は無料となっています。

なお、インターネットで予約をした場合や、60才以上の方や、身体障がい者手帳を持っている人などは優良特典が受けられる場合があります。該当する場合、費用を少しでも抑えたい場合に利用すると得をします。

検査に合格しない事例について


せっかく検査をしたとしても検査に合格しない事例もあります。

まずはシートベルトの警告灯が付いているかどうかです。警告灯が付かない場合は合格することが難しくなっています。ただし、平成6年3月以前の車に関しては、もともとついていないものもあるので、それ以降の車のみ必須となります。

次にウインドウォッシャー液が出ない場合です。これはフロントガラスなどが見えにくい時に必要になるものになりますが、これが故障していると検査には合格しません。安全を確保するためにも、故障していない状態にする必要があります。最後にタイヤの溝が1.6㎜以下の場合です。タイヤの溝が少ない場合は、検査に合格することはできないのです。タイヤを買い忘れてしまっている方は、スタッドレスのタイヤに変更をするか、購入することが必須となります。

せっかく検査に行ったとしても合格をしなかったら、また検査をしなければならないという手間が発生します。このようなことを避けるため、最低限のチェックは自分自身でおこなっておいたほうがスムーズに車検をおこなうことができます。

次の記事へ