コラム

ユーザー車検の流れについて

自動車を所有している場合、その自動車の車検有効期間が切れてしまう前に車検(継続検査)を受ける必要があります。車検切れの自動車を使用することは違法となります。車検を受ける場合、多くの人が指定整備工場があるディーラーや整備工場などの業者に検査と整備を依頼することになります。しかし、車検は自分で受けることも可能なのです。自分で受ける車検のことを『ユーザー車検』と呼びます。ユーザー車検では車の所有者(使用者)が自ら検査場となる運輸局などに車両を持ち込み、継続検査を受けることになります。継続検査を受けるといっても、誰でも受けることが出来る検査となっています。ユーザー車検を受ける際の一連の流れとしては、まず継続検査を受ける日時の予約から始まります。予約はインターネット上にある国土交通省の『車検予約システム』で行います。初めて予約をする場合にはアカウント登録が必要となっています。手元に車検証があれば、あとは画面上で指示された事項を入力していくだけの簡単なものです。ここで車検日時予約が済みましたら、車検当日までに必要書類である車検証、自賠責保険証明書を準備します。なお、自賠責保険についても契約期限が迫っていますので、契約更新手続きを行う必要があります。ユーザー車検当日は、予約した時間よりも1時間以上早めに検査場周辺に到着して、検査場周辺にあるテスター場で予備検査を受けることをお勧めします。この予備検査は、実際の継続検査と同じ内容の検査を模擬的に受けることが可能です。よってこの予備検査で問題が無ければ本番の継続検査でもほぼ合格します。万が一不具合が見つかっても、簡単な整備などは予備検査場で可能です。また、継続検査のラインと同じ検査(ブレーキ検査、スピードメーター検査、ヘッドライト光軸検査)を経験することが出来ます。予備検査で異常が見つからなければ、いよいよ本番の車検となります。



運輸局の窓口に申請書と必要書類、そして自動車重量税証紙を貼った納付書を提出し、継続検査ラインにて検査を受けます。この時点ですでに予備検査で同じ内容の検査を受けていますから、余程のことが無い限り合格となるはずです。継続検査ラインを通過して検査に合格しましたら、運輸局の窓口で新しい車検証とステッカーが発行されます。これらを受領してユーザー車検は完了となります。継続検査に慣れていない場合でも、係官が丁寧に教えてくれますので安心して検査を受けることが可能です。ただし、運輸局は平日しか開いていませんので、ユーザー車検も平日しか受けることが出来ません。時間的に余裕がある人と、当該車両が製造後数年した経過していない場合にお勧めできる車検方法と言えます。製造後ある程度時間が経過している車両については指定整備工場にてしっかりした整備を受けたほうが安全でしょう。

次の記事へ