コラム

車検の点検項目と車種ごとの費用について

車を購入すると定期的に点検する必要があります。新車は初回3年に1回ですが、通常は2年に1回車検に出します。車検ではどういった費用がかかるのか、また点検項目について説明します。


車検にかかる時間


車検に出す場合は出したその日に点検が完了する場合と数日かかる場合があります。目安としては1日~2日程度で、修理後に受け取る車検証は後日点検した店舗に取りに行くか郵送で受け取り車に貼るようになります。車検にどれくらいの時間がかかるかは車の状態によっても異なりますが、点検に出す時期によっても異なります。また、予約をしておらず飛び込みで点検をお願いすると想定以上に時間がかかる場合もあります。そのため車検に出す際には事前に予約しておくと良いでしょう。事前に連絡しておけば対応が早くなる可能性があるだけでなく、どれくらい時間がかかるかに関してもあらかじめ確認することができます。
数日かかり代車を希望する際は当日の連絡になると代車がなく借りることができないといったこともあるため、予約しておくことがおすすめです。

予約していても時間がかかる場合も


事前に予約しておいても想定より点検に時間がかかるといった場合があります。それは部品を交換する必要がある場合です。輸入車や特殊な車、製造が古い車の部品は取り寄せる必要が発生するためその分時間がかかります。輸入車やクラシックカーになると海外から部品を取り寄せるようになるため、そういった車に乗っている人は時間がかかる可能性を事前に想定しておいた方が良いでしょう。

車種毎にかかる費用


車検にかかる費用は車の種類によって異なります。

軽自動車


軽自動車は乗用車に比べて車検の料金が安くなっています。法定費用である自賠責保険は21,970円で重量税は6,600円です。年間の自動車税は10,800円程度と他の車に比べると経済的です。しかし、耐久性が乗用車と比べて劣るため、パーツ交換の費用が発生する可能性が高い車でもあります。

小型自動車


1.0t以下の乗用車を小型自動車と言います。軽自動車の次に費用が安い車です。自賠責保険が24,950円で重量税は16,400円、自動車税は年間29,500円程度です。同じ車種でもグレードによって小型自動車ではなく中型自動車になる可能性があるため、注意が必要です。

中型自動車


1.0t超1.5t以下の車は中型自動車です。5ナンバーの乗用車はこの種類に該当するものが多くなっていますが、ディーラーや車検業者など車検に出す業者によって費用差が大きくなる種類なため、複数店舗で見積もりを取ることで費用を抑えることができます。自賠責保険は小型自動車と同じですが、重量税は1.5tまでの車は16,400円、それ以上の車は32,800円と異なります。

大型自動車


2.0t超2.5t以下の車は大型自動車になります。法定費用が高額になるだけでなく、オイル交換の頻度と量が多くなってしまったり、消耗品であるタイヤなどの費用も高くなります。重量税は41,000円ですが、自賠責保険は小型自動車と同じです。

業者によって異なる費用


法律で決められている費用についてはどの業者で行っても変わりませんが工賃等は業者によって異なります。
ディーラーで行う場合は隅々まで点検してくれるので安全性は高いですが、車検の費用に関してもそれに比例して高くなります。そのため、車についての知識がない車初心者の人に向いています。
車検を専門に行っている業者はディーラーよりもリーズナブルな料金で点検してくれるところが多く、車検後のオイル点検をサービスで行うといった業者もあります。店舗によって料金が異なるため、複数店舗で見積もりを取ることで費用を抑えることができます。
ガソリンスタンドで車検をお願いする場合は給油のついでに依頼することができるため気軽ですが、点検拠点が別の場所にあるといったガソリンスタンドも少なくないため車検にかかる日数が想定以上にかかる可能性があります。
このように車検に出す業者によっても異なるため、自分にあった場所で点検してもらうと良いでしょう。

車検の点検項目について


外回り点検


外回り点検では外装や車内を目視で確認します。前方と後方のライトがきちんと点灯されておりライト切れを起こしていないか、複数ある車のライトをチェックします。

内回り点検


内回り点検ではまず、オイル漏れを起こしていないかエンジンの繋ぎ目などを確認します。そしてタイヤのチェックも行います。タイヤは消耗品で車を走らせるとどんどん溝がなくなってきます。ツルツルになったまま放置しているとスリップの原因になるため注意が必要です。また、タイヤに何か刺さっているとそこからひび割れしたりするためそういった点も確認します。

機器を使って行う点検


外回りと内回り点検で問題がなければ専用のテスト機器を使用して、ブレーキやスピードメーターなど車の状態をチェックします。

こうした点検項目を確認しクリアした車に車検証は発行されます。


車検を出す際には決められた時期があります。また費用は車種によっても異なるため、その時期に慌てなくてもいいよう事前に確認しておきましょう。

次の記事へ