コラム

車検の速太郎ホーム > 車検のコラム > 車検を安く済ませたいなら日頃のメンテナンスをしっかり行おう

車検を安く済ませたいなら日頃のメンテナンスをしっかり行おう

車検時に部品交換の費用を請求されないように、エンジンオイルの交換、タイヤの点検、スリップサインの有無の確認、ワイパーの調整を自分で行っておきましょう。エンジンオイルは車に合わせて選び、タイヤの点検時には空気圧やすり減りに気を配り、良好な視界を確保できないワイパーはすぐに交換することがポイントです。これらを日頃からメンテナンスすることによって、車検の費用を安く抑えられるでしょう。


車検代が高くて毎回憂鬱になってしまう、業者による車検は信用できるけれども、コストをもう少し抑えられないか…と思う方は少なくないはずです。
定期的に車をメンテナンスしていけば、車検時に「部品交換費用」として料金を一気に請求されずにすみます。
今回は、車検の費用を抑えるために日頃からできるメンテナンス方法をご紹介します。

エンジンオイルの交換は6ヵ月を目安に自分で行おう


エンジンオイル交換の目安は6ヵ月ごと、もしくは走行距離が5,000kmに達したときです。車検時にその目安に達しておらず、また不具合がない場合は、エンジンオイルの交換を断れば金額が上がらずに済みます。

エンジンオイルの交換は、特別な道具や専門知識がなくても、いつでも自分で行うことができます。エンジンオイルにはそれぞれ粘度や種類があるので、車種や季節に応じて使い分けるのがベスト。夏は低粘度のものを、スピード性能をよくしたいなら高粘度のものを、と適切に選んでいけば、それぞれの車に合った状態が維持されます。
エンジンオイルと車種の相性やチョイスに迷った場合は、販売員や整備士に相談するといいでしょう。

タイヤは走行距離5,000kmを目安に交換!1ヵ月に1回慎重に点検して


タイヤのメンテナンスには、適正な空気圧か、偏って摩擦してないか、ひび割れなどはないか、といったチェックが欠かせません。
ひび割れがあったり、適正の空気圧になっていなかったりするとタイヤが偏って摩擦し、燃費が悪くなって走行のパフォーマンスが低下することがあります。タイヤも走行距離5,000kmを目安に交換しておくと、偏摩擦のほか、走行時の騒音を防止できますよ。

1ヵ月に1回ほど、タイヤの空気圧を測定する計器「エアゲージ」で空気圧を点検するといいでしょう。適正な空気圧は、一般的に運転席側にあるドアの開口部に貼られたラベルに記載されています。
空気充填機はセルフ方式のガソリンスタンドに設置されていることもありますので、自分でタイヤに空気を入れることもできるでしょう。適正な空気圧になるように自分で調整しておきましょう。

ただし、タイヤにガラスや金属片が刺さっていたりしたときには、自分で対処しようとせず店舗や整備士に相談してください。

タイヤの「スリップサイン」が出ていたら交換しよう




タイヤをチェックするときにもう1つ欠かせない項目が、スリップサインです。スリップサインはタイヤの寿命を知らせてくれる印のことで、タイヤの溝の深さが1.6mmになると表れます。

タイヤの両サイドの側面に、スリップサインの位置を示す目印である▲のマークなどがついているので確認してみましょう。このマーク付近の溝底は1.6mmの高さに一段高くなっているため、1.6mmまでタイヤがすり減るとスリップサインが出てくるのです。

スリップサインのすり減りをそのままにしておくと、雨の日にブレーキがかかりにくくなって事故につながる可能性があります。たとえ1ヵ所でもタイヤの残り溝が1.6mm以下になっていると、法令違反となりますので注意が必要です。スリップサインを定期的にチェックして、タイヤを交換しておきましょう。

ワイパーの異常が見つかったらすぐに手を打って視界を確保する


ワイパーアームの状態を確かめるには、実際に使ってみることです。ワイパーウォッシャーを噴射して拭いたときに、横に伸びるような線が残ったり、拭き取りにむらがあったりしたら、ワイパーの替え時となります。また、ワイパーのアームの色が変わっていたり、アームにひび割れがあったりするときも交換が必要です。
ワイパーのゴムが切れた際には、作動させたときに音が出たり吹き残ったりします。これも取り替えのサインとなります。
必要なときにワイパーをすぐに交換すれば、車検時に「要修理」となりません。

日頃からメンテンスをしっかり行って車検時の費用を抑えましょう


上記の4つのポイントを頭に入れて日頃からメンテナンスするようにしておけば、不具合にすぐ対応できます。これらのメンテナンスをしっかり行い、車検の費用を安く抑えましょう。

次の記事へ