コラム

車検の基本料金について知ろう

車検が近づいてくると、一番心配になるのは費用なのでは無いでしょうか。もちろん、車検を頼む場合のこだわりがある方も多いのが事実です。しかし、ほとんどの方は出来るだけ安く車検を通したいと思う物です。何も考えずディーラーなどに持っていくと、不要な整備も同時に行う形になる場合が多いのです。そのため、予想以上の金額が掛かったという話しもチラホラ聞かれます。車に詳しく無い方は、見積を見ても何が加算されているか分からないでしょう。そういう方は、高いけれど安心材料だからと納得し支払っている場合がほとんどなのでは無いでしょうか。



ここで、是非とも知って頂きたいのは法定費用というものです。車検は、法定費用という物が法律で決められています。簡単に言ってしまうと、自分で申請出来る方ならば車に異常が無い場合ならば費用はそれだけしか掛からないのです。これが、本来の仕組みになっています。ですから、業者に代理で依頼する場合も法定費用と必要な整備と代行手数料だけなら安く済む物です。



法定手数料を詳しく書き出してみると、次回までの自賠責保険の費用、車の排気量別の重量税、申請時に必要な印紙代、これを合算した金額が法定費用と呼ばれているものです。ここで問題になるのは、整備内容です。車検を通す為には、一定の条件があります。もちろん、一般道を走る際に危険の無い状態に整備されている事が条件です。ですから不備のある場所を整備して行く為に、法定手数料だけでは終わらないのです。



整備内容が変わることで費用も大きく変わってくるのは当然ですが、代車代金、代行手数料なども加算されるのです。工賃の差が出る理由としては、部品を交換しなくても良い状態でも、劣化が著しい物は交換する事があるからです。部品代だけでなく、工賃も個別に掛かりますから高くなって当然です。もちろん女性などで、車の整備は全くしないという方はついでに色々と交換をしておいた方が安心な場合もあります。



上記で説明した通り、一般的に整備代や法定費用の他に代行手数料が基本料金に加算されています。採取的には、基本料金の差が車検代金に反映してくるといっても過言ではありません。基本料金という物が、支払い金額の多くを占めているからなのです。ですから、お金を掛けたくない場合は、基本料金が安く良心的な業者を選ぶのが良いでしょう。また、業者によっては代行手数料を取らないという場所もあります。これは、かなり大きな差になりますから利用しないという手はありません。



最後に、近年利用する方が増えている待っている間に仕上げてくれるという業者もあります。代車も不要ですし、待ち時間も少なく直ぐに愛車に乗って帰れるというのは大変魅力的と言えるでしょう。

次の記事へ