コラム

車検はクレジット払いが便利

車検はほぼ決められた費用とは言え普通車であれば10万円~という大きなお金がかかってしまうもので、その時の家庭の財務状況によっては痛い出費になってしまいます。そんな時、というかそういう時でなくともクレジット払いが便利となります。クレジット払いであればちょっと財政が厳しい時であれば分割もできますし、リボ払いも出来ます。そうで無い時でもポイントが付くので車検の様に大きな出費の時はポイントも貯める事が出来るので現金で支払うよりもお得になります。ちなみに自動車販売店系のカードであればポイント2倍などの特典も付く事が多いです。



車検にかかる費用は追加の整備料金を含まないで計算しますと、重量税、自賠責保険、印紙代の法定費用で普通車でも5~6万円かかり、その費用の半分以上を占めてしまいます。そこに依頼する整備工場ごとの点検整備費用、手続き代行料などの基本料金が加算されるのです。買い物でも無く、法定整備であり車に乗っている上での必要経費である車検費用をクレジットカードで支払うという事はあまり馴染みが無い方もいるかも知れませんが、メーカーディーラーをはじめとしてほとんどの業者が対応していますし分割で支払うという事も決して珍しい事ではありません。実際最近では自動車税の支払いもクレジットカードで行える自治体も増えており、高速道路料金なども含めて車に関する経費をクレジットカードで支払うという事は公共料金、携帯電話の通話料と同じ様に珍しくはなくなっているのです。一回払いの時などはどうせ同じ額の支払いをするのであれば現金で支払うよりもポイントの分お得です。支払われる側も多少手数料などで目減りはしますが売上の管理が楽になるなどのメリットがあるのです。



車検は車を所有している限り必ず決められた時期に受けなくてはならないし、決められた額を出費します。そして乗っている車の状態次第では予定外の修理費や部品交換などで思わぬ額の出費となってしまう事も少なくはありません。最近増えている格安車検であっても、税金や代行手数料などでそれなりの額になってしまいます。そういう時に現金では無くクレジットカード一枚で支払いが済むのであればそれ程便利な事はありません。支払いが楽な上にポイントで実質の値引きにもなります。このように少しでも経費を抑えたいのであればおすすめの方法で、支払う側、支払われる側双方にメリットがあるわけです。

次の記事へ