コラム

車検は期限前より早く受けられるのか?

車を継続して乗るためには定期的に車検を行わなければなりません。この検査の実施周期としては、普通自動車または軽自動車を新車にて購入した場合、最初の検査までは3年、初回を受けた後からは2年ごとに行うこととなっています。



必要な書類としては、自動車検査証・印鑑(認印で可)・自動車納税証明書・自動車損害賠償責任保険証明書・諸費用などがあり、また任意保険証を持参することで現在の自動車保険を無料で診断してくれるところもあり、保険料を安くするアドバイスなども受けられることがあります。



料金に関しては、法定費用として自賠責保険料・重量税・自動車検査登録印紙代がかかり、これはどこの検査場に依頼しても同額で変わりません。この法定費用にプラスして検査料金がかかってきます。この検査料金は、ディーラーや専門店など依頼する店舗により金額が変わり、また検査する自動車の現状によってもその額は変わってきます。修理する箇所が多かったり、部品を交換しなければならなかったりすると、それだけ料金は加算されていきます。



車検は初回の検査を受けた後は、2年ごとにその時期がやってくることは分かりましたが、では2回目の検査を受ける際には、2年の期限前に受けることは可能なのでしょうか。



通常では、検査満了日にあたる日から1か月前から受けることが可能となっています。この満了日というのは、検査証の「有効期限の満了する日」という欄に記載されており、その日付が満了日となります。満了日の1か月前から満了日までの間に検査を行えば、検査証の「有効期限の満了する日」の日付は変わりません。



では、この有効期限前に検査を受けることも可能なのでしょうか。これに関しては、期限前であっても検査を受けることは可能です。しかしながら、期限前に検査を受けることは少し注意が必要です。



自動車の検査を受ける場合、満了日の1か月前までならば検査証の有効期限は変わることはありません。しかし、1か月前以前に検査を受けてしまうと、有効期限が変わってしまい早くなるため、次回までの期間が短くなってしまうのです。例えば、初回の検査を受けた後、2年目の検査を有効期限の1か月前以前に受けてしまうと、次回3回目の検査までの期間は1年となってしまいます。



特に車がまだ新しければ故障個所も少ないことが多いですし、1年間で検査料金をまた用意しなくてはならず、その分の重量税なども損をしてしまうことになります。従って、車検を受ける際には有効期限の1か月前から満了日までの間に受けるようにしましょう。

次の記事へ