コラム

軽車検費用と車検切れのリスク

車検とは、2年に1回受けなくてはならない自動車の強制定期検査です。車検を受けていない自動車で公道を走ることは禁止、万が一違反が見つかれば罰則を受けることにもなります。



ただ、車検費用は高いという点から車検を通さないで自動車に乗っている人も少なくはないのが現状です。

費用は車種、業者、車の状態によるので一概ではありませんが、軽車検費用の相場は5万円~7万円ほどでしょう。また、これに修理などが必要になれば追加費用も発生します。

軽車検費用は普通車に比べると3分の2~半値ほど安いのが特徴ですが、一度にこの金額ですから高額なのには間違いありません。そのため、軽車検費用ですらもったいないということで車検をスルーしてしまうユーザーもいるのです。



ただ、先述したように車検を通すことは義務であり、車検切れの自動車は罰則の対象になっています。

具体的な無車検の罰則は、違反点数6点で30日間の免許停止処分、それに加えて6か月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。

刑事罰になるので、懲役刑や罰金も科せられると考えるとリスクは大きいでしょう。また、過去に違反点数が積み重なっていれば免許停止処分日数も伸びますし、場合によっては免許取り消し処分にあうこともありえます。

ちなみに、車検を通さないと強制保険である自賠責保険が切れている可能性も非常に高くなっています。

自賠責保険は、自動車を購入したら強制的に加入しなくてはならない自動車保険です。そのため、加入していない、更新していない場合も罰則の対象になります。

無保険の罰則は、違反点数6点で30日間の免許停止処分、それに加えて1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。



無車検と無保険の両方の罰則が科せられることになった場合は、違反点数12点で90日間の免許停止処分、1年6か月以下の懲役または80万円以下の罰金が科せられることになるでしょう。



さて、こうして考えると、軽車検費用を支払う場合と車検切れの罰則を受ける場合では、どちらの方がリスクが高いのでしょうか。考えるまでもなく、車検切れの罰則を受ける場合の方が大きなリスクが伴うでしょう。

相場にして5万円~7万円という費用は安くはありませんが、2年に1回の検査でそれだけのリスクが回避できるのです。

また、各社により費用は一概ではないので、負担が大きいと感じるのであれば安い車検業者を探すというのも一つの手でしょう。

次の記事へ