コラム

軽車検費用は車検シールを確認して準備していこう

軽自動車を所有していると、避けることが出来ないことが継続検査(車検)です。車検期間及び期限は検査証に記載されていますし、一番わかりやすいところですと車のフロントガラスに貼っている車検シールにその期限が記載されています。この期限を越えてしまっているのにそのまま軽自動車を使用しますと、道路交通法違反となりますし、自賠責保険も契約が切れている状態でしょうから、万が一事故をしてしまった場合に大変なことになりますので、車検期限内に継続検査を行わなければなりません。



しかし、ここで問題となるのが軽車検費用です。通常、軽車検費用は数万円から10万円近くの支出となります。これは一回に支払う金額としては大きな出費です。この車検費用の捻出に頭を抱える人は少なくないでしょう。



車検を受ける方法としては、指定整備工場を持つディーラーや専門業者に全てを任せる方法と、自分で軽自動車を軽自動車検査協会に持ち込んで継続検査を受ける方法(いわゆるユーザー車検)の二つがあります。もし、費用を抑えたいのであれば、ユーザー車検ということになるでしょう。



なぜユーザー車検では費用が抑えられるのかといいますと、ユーザー車検では『法定費用』のみの支払いのみとなるからです。法定費用とは、車検を受ける際に必ず必要となる費用のことで、『自動車重量税』、『自賠責保険料』そして『検査手数料』の三つがあります。



軽自動車の車検においては、自動車重量税が5000円から7600円。自賠責保険料が26370円もしくは27240円(契約月数で異なります)となります。この金額はディーラーや車検専門業者に依頼しても、ユーザー車検を受けても変わりません。ちなみに、検査手数料については指定整備工場で整備を受けて保安基準適合証の交付を受けているのであれば1100円。それ以外は1400円となります。



ユーザー車検では、この法定費用のみの支出となり、ディーラーや車検専門業者に依頼する場合には、これに加え車検基本料とよばれる業者の取り分が加わることになります。また、整備過程でオイルやタイヤなどの消耗品の交換や、不具合の調整などがあれば、その費用も請求されることになります。



どちらにしろ、数万円の支出となりますので、出来れば車検シールの期日を確認して、余裕をもってこの軽車検費用を準備していくことが重要となります。毎月数千円の積み立てをしていけば、2年間で車検費用を賄えるほどの金額になるはずです。

次の記事へ