コラム

期間が切れる前に軽自動車の車検を受けよう

軽自動車を所有していると、必ずやってくるのが車検期限です。この期間を過ぎてしまえば、継続検査を受検しない限りそのまま使用し続けることは出来なくなります。



軽自動車の車検の期間は新車登録直後であれば3年間。それ以外であれば2年間となります。この期限が切れるたびに軽自動車検査協会で継続検査を受けることになります。継続検査を受ける方法としては、ディーラーや業者に全てを任せる方法と、自分で車を持ち込んで継続検査を受検する『ユーザー車検』の二つの方法があります。



時間にあまり余裕のない人にはディーラーや業者に全て任せる方法がお勧めです。ディーラーや業者に継続検査の予約をして、当日車を店舗に持ち込むだけで済みます(その際、自賠責保険証明書、自動車税証明書などの必要書類を預ける必要があります)。継続検査中に車が必要であれば代車を借りることも可能です。費用は掛かりますが、これが一番簡単な方法と言えます。



自分で車を軽自動車検査協会に持ち込み、継続検査を受検する方法ですが、これにもまず予約が必要です。インターネット上の『検査予約システム』で予約することになりますが、画面上の指示に従えば誰にでも予約ができる簡単なものです。ここで日時を指定して、当日車を検査場に持ち込みます。



なお、軽自動車は当日に継続検査の空きがある場合に限り、当日予約が可能ですが、空きがあるかどうかは、当日になってみないと判明しませんので、前日までの予約が重要となります。



当日は、検査場に車を持ち込む前に予備検査場(テスター場)で検査をしておくことをお勧めします。このテスター場は、本番の継続検査と同じラインを通ることになりますので、ここで問題が無ければ本番でも大丈夫ということになります。もし、検査に引っかかる箇所がある場合でも、簡単な整備であればテスター場で可能です。



テスター場のラインを通った後に、本番の継続検査となります。初めての人でも、テスター場で経験をしていますし、係官の人が丁寧に教えてくれますので安心です。ここで合格すれば新しい車検証とステッカーを受領し、継続検査は終了となります。



車検切れの軽自動車に乗ると道路交通法違反となり処罰されます。ですから、期限が切れるまでに継続検査を受けることが重要です。万が一、期限が切れてしまった場合でも、ディーラーや業者に取りにきてもらうか、市町村役場で仮ナンバーを取得して自分で検査場に持ち込む方法があります。しかし、出来れば車検期間をしっかり把握し、継続検査を

受検するのが好ましいでしょう。

次の記事へ