コラム

軽自動車の車検でクレジットカード払いは出来る?

軽自動車を継続的に利用していく場合、車検は避けて通ることが出来ないものになってきます。

この検査手続きを踏まなくては公道を走行することができず、もし検査を通らないまま運転すれば所有者には罰則が与えられることになるでしょう。

しかし普通自動車と比べてある程度負担は軽いとはいえ、二年に一度、新車の場合は三年後に数万円の出費を強いられるということはかなり苦しいことでもあります。

修理個所があれば10万円以上支払うということも珍しくはありませんから、そうしたまとまった支払いに対してクレジットカードを使いたいという人も少なくありません。



ですが残念なことに、軽自動車の車検では基本的に現金一括での支払いが求められることになります。

これはどうしてかというと、車検には検査費用と法定費用の二つがかかってくるからです。

検査費用の部分はそれぞれの工場などに対して支払う代金ですからクレジットカードで支払うこともできますが、法定費用部分に関しては現金で支払うことが必要です。



扱いとしては税金などと同様ですから、例外的にこれだけは現金ではなくとも良いというような扱いを受けることが出来ないのです。

ただしかし、軽自動車車検では絶対に現金一括払いしかできないのかと言われると違います。

確かに法定費用部分に関しては必ず現金で支払わなくてはならないのですが、それを誰かが肩代わりをして支払うのであれば問題ありません。

一部の大手自動車修理工場やディーラーなどでは、この「肩代わり」を請け負ってくれるのです。

実際のところディーラーで作業を請け負ってもらっているという人の中には「毎回クレジットカードで支払っている」という人も多く、もし現金一括で支払うことが苦しいのであればそうしたところを探すようにすると良いでしょう。



ですが注意しなくてはならないのが、こうした分割払いは間違いなく利息が発生するということです。

その利率はそれぞれのカード会社などで異なるとはいえ、10万円を一年に分割して支払うと最終的に一万円以上の追加支払いが発生することになります。

もちろん分割払いが出来るというメリットは非常に大きいものでもあるのですが、最終的な負担については大きくなるのだとして考えておかなくてはなりません。

車検は避けて通れないものですが事前にいつ行うかがわかっているものですから、可能な限り事前に十分な準備をして、しっかり支払いを出来るようにしておきましょう。

次の記事へ