コラム

軽自動車の車検をディーラーで受けるメリット

現在車検はさまざまな場所で行われるようになっており、ユーザーはそれぞれのニーズに応じて自分が最も理想とする形に近いところを選んで車検を依頼できるようになりました。

この「選択肢が増える」ということは非常に良いことで、これによって検査費用の競争や各業者の経営努力が促進されるようになっています。

しかし同時に選択肢が増えたということで、ユーザーは複数の選択肢から一つを選ぶためにさまざまなことを考えなくてはならなくなりました。

さて、そうした選択肢の中でまず多くの人が利用を検討することになる代表格とも言えるのがディーラーです。

自分が今使用している車を買った先は当然最も信頼しやすい相手ですが、それではここで軽自動車の車検を受ける際に発生するメリットとしてはどういったものが挙げられるでしょうか。



最初に挙がってくるのはやはり「ハイレベルなサービスを受けられる可能性が高い」ということです。

もちろん他の業者はレベルが低いというわけではないのですが、それでもメーカーから直接最新の情報を得ることができるということはディーラー最大の強みです。

最近の軽自動車はかつてとくらべて格段に壊れづらくなっているとはいえ、製造段階での不具合などが出ることもあります。

そうした不具合に関して最も早く確認できるのはここですから、とにかく安定したハイレベルなサービスが欲しいのであればほぼここで決定していると言って良いでしょう。



また「特定車種に関する知識レベルが深い」ということもメリットとなります。

軽自動車は現在さまざまなメーカーが作っていますが、ディーラーは基本的にそこと提携しているメーカーのものをメインで扱うことになります。

そうなるとそのメーカーの軽自動車を集中的に点検していくため、特定車種に対して深い知識を得ていくことになるのです。

この深い知識があると「この車種はこの部分が壊れやすいから、保証期間のうちに修理しておこう」などの柔軟な判断をしてもらえるようになります。

これは現場で作業にあたっているからこそできることで、時にはメーカー以上の知識を持ったプロの技術スタッフがいるところもあります。

そうしたところと巡りあえるかどうかは運次第ですが、もし巡りあえた場合には自分の愛車のことを全て任せることすら可能になるでしょう。

もちろんよく言われる「費用が高額だ」や「値切り交渉に応じてもらいづらい」などのデメリットもありますが、こうしたメリットがあることを考えれば選択肢としては十分検討する価値があるでしょう。

次の記事へ