コラム

軽自動車の車検クレジット払いがおすすめ

軽自動車を購入したら、車検を通さないと公道を走ることはできません。



車検とは、規定の安全基準を満たす検査のことです。新車で購入すると初回は3年に1回、次回からは2年に1回ずつ受けることになっています。

この検査を受けていない自動車で公道を走行したら、減点6で30日間の免許停止処分、6月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられます。

また、この時に自賠責保険を更新しますので、大体のケースで無車検は無保険ということはなくなるでしょう。自賠責保険は強制保険ですので、契約していないとこちらでも罰則を受けることになります。

無保険での走行は減点6点で30日間の免許停止処分、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が課せられます。

つまり、無車検と無保険の罰則を合わせると、減点6×2で合わせて90日間の免許停止処分と、6か月と1年の懲役で合わせて1年6ヶ月以下の懲役、または30万円以下と50万円以下の罰金で合わせて80万円以下の罰金が課せられることになります。



気になるのは費用ですが、軽自動車の車検は普通車に比べるとリーズナブルです。ディーラー、整備工場、専門工場、ガソリンスタンドなどで受けることができますが、費用の規定はないため、どこで受けるかによって費用は変わってきます。

目安としては、6万円~7万円程度になってくるでしょう。そこに加えて他の修理や整備などを依頼すると、追加費用がかかります。

最近では新規割引、リピーター割引、レディースデーなどお得なサービスを提供するケースも増えているので、お得に受けたいのなら業者をきちんと選ぶことをおすすめします。



軽自動車の車検費用の支払いは現金払い、ローン払い、クレジットカード払いがありますが、おすすめされているのはクレジットカード払いです。現金を用意しておく必要がありませんし、支払い回数も選ぶことができ、さらにカードのポイントを貯めることができてお得だからです。

ただし注意したい点として、法定費用は現金払いとしているところが多いようです。

法定費用とは自賠責保険料、自動車重量税、印紙代などのことで、こちらをクレジット払いにしてしまうと業者が立て替えて支払うことになってしまい、業者側の負担が大きくなってしまいます。よって、大半の業者では法定費用は現金でお願いしているようです。

とはいえ、法定費用もクレカ払いできる業者も少なくはありませんので事前にチェックしてみましょう。

次の記事へ