コラム

車検で用意する必要書類と予約について

車を持っている方は車検の時期を常に意識しているでしょう。中古で購入した車の場合は二年に一回は受けなければなりません。車のフロントガラスの上の部分には小さいシールが貼ってあります。検査標章といいますが、この部分を見ると次回の車検がいつかを簡単に知ることができます。



早めに済ませておけば期間を過ぎることもないので安心ですが満了日よりも早過ぎると、その分次回の満了日が早く来てしまうことになるので気を付けなければなりません。ただ事前に予約を入れていくことができるので、満了日の近くになってから出しても問題はありません。そのためにも確実に予約を入れておく必要があるので、見積もりだけは早めに取っておくといいでしょう。



車検に出す際はいくつかの必要書類があるので確認しておきましょう。まずは車検証です。この書類には自動車に関する重要なことが全て記載されており、車の点検を受ける時や自動車保険に加入する際等も必要な書類です。自宅で保管するものではなく常に車に積んでおかなくてはならないので、紛失することは滅多にないでしょう。



他には自動車損害賠償責任保険証明書があります。一般的に自賠責保険と呼ばれるもので、任意保険となる自動車保険の保険証券とは異なります。任意保険はあくまでも任意ですが、自賠責保険の方は必ず加入する保険です。任意保険とは違って保険証明書は一定の書式となっており、若干小さめのサイズになります。



自賠責保険の保険期間は二年や三年で設定されているため、車検のタイミングで更新ができるようになっています。新車で購入した場合は三年後になるので三年間の保険期間で加入しますが、次回からは二年間の保険期間になり満了すれば更新していく形になります。普段は自賠責保険の更新時期を意識することはないという方も多いですが、車検に出せば工場の方で手続きをしてくれるので安心です。



必要書類で忘れてならないのが自動車税納税証明書です。車を所有していれば毎年自動車税を納税する義務があります。自動車税の納税時期は決まっているため、年の前半であれば今年の自動車税はまだ払っていないということになるでしょう。その場合は前年に支払った自動車税の納税証明書を用意することになります。



万一用意できない場合は税金を納付していないということになるので、納税後は毎年しっかり保管しておく必要があります。車を工場に運ぶ際は全ての必要書類が揃っているか今一度確認しましょう。

次の記事へ