コラム

車検を受ける際の必要書類、相場について

車検と聞くと「また大金が飛んでいく、必要書類も分からない」と思いますよね。

そこで車検を受ける際の相場、必要書類について考えてみましょう。



そもそも何で受けなければいけないのかと思っている方も少なく無いのではないでしょうか。

車を所有している人は期限が切れた際、必ず法律で受けなければいけないという事になっております。

なぜそんな法律があるのか?

車の整備をしなければ危険な車が沢山道路を走ることになります。

ブレーキがきかない車、カーブで普通に曲がる事の出来ない車などが増えるとどうなるか?

大きな事故が起きてとても大変な事になります。

また、車検時には必ず自賠責保険(強制保険とも呼ばれています)に加入します。

この自賠責はあっては困りますが、人をひいてしまった場合(人身事故)の際に被害者を救済する為の保険です。

自分が車にひかれてケガをし入院をした際、相手が任意保険に加入しておらず入院費も払えなかったら大変ですよね。

そんな時に自賠責保険からお金が支払われるという仕組みです。(支払われる金額に限度があります)



なぜ車検を受けなければいけないかが分かった所で必要書類について考えてみましょう。

受けるにあたり必要な書類はまず車検証、そして自賠責保険証、リサイクル券、最後に納税証明書になります。

一つでもないと受けられませんので注意が必要です。

せっかく休みをとって車屋さんに来たのに書類が無くて受けられなかったなんてケースもよく聞く話です。

特に一番多いのが納税証明書が無いというケースです。

これは車を購入した際に、実家の住所で登録したがその後引越をし税金の紙が実家に届いた場合や、

税金は支払いをしたが、支払った後に納税証明書を紛失してしまったという事が多いみたいですよ。

そんな事にならない様に車屋さんに行く時には必ずチェックをしてから行くようにしましょう。

ほとんどの車屋さんは予約の際に教えてくれます。もし不安な時は必ず聞いてから行ってくださいね。



最後に相場についてです。

相場は軽自動車であれば約4万円から5万円。普通車(5ナンバー、3ナンバー)は車の重量によって変わりますが、約7万円から10万円という感じです。

お店によって金額が全然違いますので色々なお店に行って見積もりをとってもらうのがオススメです。

また、かかる時間も大半のお店は1日ですが、中には最短30分や1時間。長くて2日や3日かかる所もあり本当に様々です。

時間や費用、代車を貸してくれるかなどお店のスタッフにどんどん聞いてみましょう。



みなさん良いカーライフをお過ごしください。

次の記事へ