コラム

車検の必要書類と費用の分割払い

車検(継続検査)の時期がやってきますと、その手続きと費用面で頭を悩ませることになります。継続検査においてはディーラーや業者に全てを任せる方法と、車を陸運局や軽自動車検査協会に持ち込んで自分で継続検査を受検する、いわゆる『ユーザー車検』の二つの手段が考えられます。



継続検査においての自分で用意しなければならない必要書類としては『自動車検査証』と『自賠責保険証明書』、そして『自動車税証明書』の三つがあげられます。このうち検査証と自賠責保険証明書は通常車の中で保管しておくべきものなのですぐに用意できるはずです。しかし、紛失してしまう人も少なくありません。その場合は、再発行が可能なので安心してください。



必要書類のひとつ『自賠責保険証明書』は、簡単に言えば自賠責保険の証書です。自賠責保険は車を所有していれば強制加入となりますので、もし加入していなければ継続検査を受けることは不可能です。基本的には継続検査毎の更新ですので、必要な書類としては更新時に発行された新しい自賠責保険証明書ということになります。ただし、継続検査を受ける時期によっては、これまでの自賠責保険証明書も必要となる場合があります。もし、継続検査当日までに自賠責保険を更新していなくても、陸運局内にて更新手続きが可能です。



『自動車税証明書』は、自動車税を納税したことの証明書です。自動車税についても自賠責保険同様に滞納していれば継続検査の受検が不可能となりますので注意が必要です。なお、普通車と軽自動車で納税先が異なります。普通車は都道府県、軽自動車は市町村に納税となりますので、それぞれの役場で自動車税証明書を発行してもらう必要があります。



これらの必要書類は、ディーラーや業者に全てを任せる場合でも、自分で継続検査を受検する場合でも同じとなります。自分で用意する必要があり、万が一紛失していても再発行可能です。



さて、継続検査の受検において一番の問題、悩みごとは費用面となります。基本的に車検時には数万円から10万円以上の費用が必要となります。一度に支払う費用としては大きな額です。これを一括で支払うことが難しい場合は、ディーラーや専門業者と提携しているクレジット会社などのオートローンなどを利用して自分に無理のない金額、回数で分割払いをしていく方法があります。



オートローンの詳細については、各ディーラーや専門業者に問い合わせたほうがよいでしょう。一番賢明な方法は、車検時期を見越して貯金しておくことです。

次の記事へ