コラム

車検の必要書類と費用の相場について

車検は、正式には自動車検査登録制度の略で、日本ではミニカーや小型特殊自動車を除く自動車や250cc以上の自動二輪に対して、保安基準に適合しているかを確認するための検査です。また検査を受けると同時に発行される車検証は、所有権者を明確にする意味があります。

検査を受ける期間は自動車の種類によって異なりますが、一般的な普通乗用車や軽自動車であれば初回は3年後で以降は2年ごとに受けることになります。一方で貨物自動車などは初回から2年となっており商用車登録されている自動車は1年ごと(軽自動車は2年ごと)になります。



車検を受ける方法としては、自動車販売店や自動車整備工場などに依頼して行うものと所有者自らが車検場に持ち込み行うものの2種類があります。いずれの場合にしても必要書類としては車検証と自動車納税証明書、自動車損害賠償責任保険証書の3点です。また必要書類以外には使用者の印鑑が必要となります。

販売店や整備工場に依頼した場合には、保安部品や消耗部品などの交換が行われるのが一般的であり、費用は高くなりがちです。一方で所有者自ら検査場に持ち込むものは、保安基準を満たしていれば必要最低限の費用で済むメリットがありますが、検査場まで直接持ち込まなければならず、また保安基準に満たしていなければ保安部品の交換や修理を行う必要があります。



なお、整備工場の場合には認定工場であれば、その工場で検査を行い必要書類を陸運支局に提出するだけなので、検査そのものは早くに終わります。以前であれば検査と同時にさまざまな修理が行われるのが一般的でしたが、近年は最低限の修理のみにして割安にしているところも多くなってきています。

固定費の法定費用を除けば、割安なところではプラスして1万5千円程度で請け負っているところがあります。このため割安な相場としては、軽自動車やハイブリットカーであれば5万円ほど、小型車から普通乗用車までが6万円ほどになります。一方で重量が思いワンボックスやミニバンなどは7万円から8万円程度になります。なお、検査期間が短い商用車は割安で4万円ほどで受けることができます。

ただし、これらは自動車の保安基準に何ら問題がない状態であることが条件であり修理が必要な場合には別途で修理料金が必要になります。また検査だけであれば1日で終わることができますが、修理が必要な場合には程度にもよりますが、はやくても2、3日、長ければ半月ほど時間が掛かるケースがあります。

次の記事へ