コラム

車検の予約の際には考えて時間を決めよう

愛車には必ず車検の時期がやってきます。期限切れになってしまうと、使用すると道路交通法違反となってしまいます。当然、継続検査を受けなければなりません。この継続検査を受けるためには、ディーラーや業者に全てを一任する方法と、車を陸運局や軽自動車検査協会に直接持ち込み、自分で継続検査を受ける方法(ユーザー車検)の二つがあります。



どちらを選ぶにしても、継続検査を受けるには予約が必要となります。ディーラーや業者にいきなり車を持ち込んでいっても受け付けてくれませんし、陸運局や軽自動車検査協会にしても同じことです。継続検査は予約から始まるのです。



ディーラーや業者の場合には、直接電話をするか、もしくはインターネット上での申し込みとなります。業者によってはインターネットでの申し込みに限り割引が適用される場合がありますので、各業者を比べてみるのもよい方法です。



自分で継続検査を受検する場合にも予約は必要ですが、普通車か軽自動車かで検査場所が異なります。普通車は国交省管轄の陸運局。軽自動車は都道府県管轄の軽自動車検査協会となります。予約方法も異なり、それぞれのインターネット予約システムも違います。しかし、申し込み方法の中身的には殆ど違いはなく、どちらも画面上の指示に従っていけば誰でも簡単に予約できるものとなっています。



さて、継続検査の申し込みをするにあたって、『どの日時に継続検査を受検するか』という時間的なものが一番重要となってきます。特に、自分で継続検査を受ける場合には、不具合があることを前提に余裕をもって時間設定をしなければなりません。



陸運局や軽自動車検査協会の継続検査は、午前、午後合わせて4つのラウンドで構成されています。どのラウンドを選ぶかは受検する人の自由ですが、継続検査のラインを通るまえにテスター場で予備検査をする必要がありますので、それを踏まえた上での申し込みが重要となってきます。



また、車に不具合がある場合を想定して、午後最後のラウンドを選択するよりも、午前中のラウンドを選択しておいた方が賢明です。例え不具合が発見されても、当日に補修し、また継続検査のラインを通ることが可能となるからです。特に初めて継続検査を受検する人であれば、間違いなく午前中のラウンドがよいでしょう。



このように、自分で継続検査を受ける場合、受検するラウンドの選択が重要となってきます。出来るだけ時間に余裕をみて申し込みをすることが大事なのです。

次の記事へ