コラム

車検切れの自動車でも車検の予約は出来る?

車検はどのような自動車でも公道を走行する以上は常に取得していなくてはならないものですが、時折これが期限切れになってしまっているというような人も見受けられます。

その期限切れになった理由としては例えば「しばらく乗っていなかった」ですとか「うっかり忘れていた」といったような理由が多いのですが、どのような理由があっても車検切れの状態では公道を走行することはできません。

そのためその自動車を処分せずに継続利用したいのであれば改めて車検を予約しなくてはならないのですが、時折「車検切れでも予約は取れるのか」ということを不安に思う人もいます。

ですがこの点について言えば「問題ない」というのが答えです。

確かに再度車検を取得するまで公道を走行することは不可能ですが、だからと言って検査を受けてはならない、国に何らかの申請をしなくてはならないなどのことはありません。



むしろこの場合「公道を走行できない自動車をどうやって工場やディーラーまで運ぶか」ということが問題になってくるのですから、工場やディーラーと連携するためにも予約の事前連絡をした方が良いでしょう。

さて、それではこの公道を走行できない自動車をどうやって工場やディーラーまで運べばいいのかということについてですが、これには大きく分けて二つの方法があります。



まず一つ目が工場やディーラーにレッカー車や車両運搬車を手配してもらう方法です。

これであれば公道を走行したことにはなりませんから、全く問題なく運搬することが出来るのです。

ガソリンが無くなっていたり不調個所があってエンジンすらかからないというようであれば、必然的にこの方法になるでしょう。

ただこの方法の問題点は費用がかかるということです。

実際にどれくらいの請求が来るかは移動距離などもあるためにケースバイケースですが、追加費用については覚悟しなくてはなりません。

次にもう一つの方法ですが、これは仮ナンバーを発行してもらう方法です。

仮ナンバーとは各地の役所の窓口などに申請を出して発行してもらえる仮の自動車ナンバーで、赤い斜線が入っているのが目印となります。

これは「本来公道を走行できませんが役所から走行許可をもらっています」ということの証ですから、これを付ければ工場やディーラーまで車を運転していくことが出来るようになるのです。



ただ少々問題になるのが車検切れということは自賠責保険も切れている可能性が高いことでしょう。

公道走行には車検に通過することと同様に自賠責保険に加入することも義務となりますから、もし自賠責保険が切れてしまっているのであれば仮ナンバーと同時に自賠責保険の加入申請をしなくてはなりません。

5日分の保険などでも数千円かかりますから、この負担のことを考えておく必要があります。

結局のところ車検は切れる前にしっかり通すのがベストなのですが、万が一切れてしまった場合にはこのように対処しましょう。

次の記事へ