コラム

ディーラーの車検に予約することは愛車に優しい

車検の予約をするときに強いこだわりがなければ、可能な限り安い店舗に予約する人の割合が多いです。最終的に法定点検が無事に済めば良いので、そこにいたる過程で多くの費用がかかることを好まないユーザーは少なくありません。ですから、料金が高い傾向にあるメーカーが独自に営業を行っている店舗よりも、安さを前面に押し出すところが人気を博しているのが現状です。しかし、愛車に優しいと考えられるのはディーラーの車検であると言えます。



車検期間を過ぎてしまうと法律上は公道を走行することができなくなりますが、ちょっとした不注意から予約し忘れてしまうことは考えられます。しかし、ディーラーにお世話になる場合には心配する必要がなくなります。愛車の法定点検の期間が近づくと、営業担当者が電話で知らせてきたり注意喚起情報が記載された手紙が郵送されることが多いからです。顧客の一時的な忘却を防ぐために何十もの策が講じられているので、法定点検の期間を過ぎてしまう事態を回避することができます。



少しでも愛車の故障につながる部分が見受けられた場合には、可能な限り費用がかからない方法で修理してもらえることがディーラーの車検の特徴です。車種ごとに特有の部品が使われていることが多いので、修理が必要になった場合には在庫を抱えている向上などから仕入れる必要があります。メーカーが運営している店舗には、余っているパーツが多数あることが珍しくありません。自社製品に使われる部品を扱って仕事をしているからであり、修理工賃だけで済む場合があると考えられます。



車検を担当する整備士は自社製品にばかり触れるので、メーカーの違いによる作業のミスを削減することが期待できます。基本的な内部構造はメーカーを問わず似通っていますが、各社独自の仕様で設計されていることもままあります。このような特徴に当てはまる車種を点検する際には、多くの場数を踏んだ整備士の方が手慣れており確実性が高いと言えます。法定点検が終了したあとの安全性を高めたいのであれば、特定の車種になれた整備士が在籍している店舗に予約することが効果的です。



予約する店舗を決めかねていてなおかつ車検費用に余裕があり、さらには愛車を大切にしたいと考えているのであれば、メーカーが運営する店舗に赴くことが有効です。愛車の法定点検を依頼する意志を持っているなら、時期が近づくと届くことになる予約案内の一報を受け取ってからでも遅くはありません。

次の記事へ