コラム

車検の予約はシールの期日を確認して行うべき

自家用車を所有している人が必ず経験することが継続検査(車検)です。検査証に期限が記載されていますし、車のフロントガラスに貼っている車検シールを確認すれば、その期限がわかります。この期限を越えているのに継続検査を受検しないで車を使用しますと、明らかな道路交通法違反となってしまうのです。



できれば、期限内に継続検査を行うべきです。万が一、その期限を越えてしまえばそのままの状態では使用出来なくなります(市町村役場等で仮ナンバーを借りる必要があります)。



継続検査を受けるには、ディーラーや業者に全て任せる場合、あるいは自分で陸運局に車を持ち込んで継続検査を受ける場合においても、予約が必要となります。いきなり車を持っていき車検を受けようとしても、まず不可能です。当日車に不具合が見つかってしまう可能性を考えて、期限に余裕がある内に継続検査を受けた方が安全ですので、車検シールをよく確認して、余裕のある時間に継続検査の予約を行うことが重要です。



予約方法は、ディーラーや業者においては電話もしくはインターネット上での申し込み。自分で継続検査を受検する場合では、インターネット上にある国交省の『自動車検査予約システム』で申し込みをすることになります。ディーラーや業者に全て任せる場合には、申し込みをした日に車を持っていくだけで済みます。



自分で継続検査を受ける場合には、予約した日時に遅れないように陸運局に当該車両を持ち込まなければなりませんが、継続検査のラインを通る前に予備検査場(テスター場)で予備検査を受ける必要がありますので、予約時間よりも早く陸運局付近に行かなければなりません。



テスター場で予備検査を受けて、そこで何も問題なければ本番の継続検査も問題なく合格します。万が一不具合が見つかっても、軽微なものであればテスター場で調整してくれるでしょう。



継続検査のラインを通り、合格すれば、新しい検査証と車検シール(ステッカー)を受け取り、継続検査終了となります。ディーラーや業者に任せる場合には、整備工場において検査自体は既に終了しているはずですから、継続検査が終了した旨の連絡を受けたら、新しい検査証とステッカーを貰いにいくだけとなります。



前述したように、万が一不具合が見つかることを考えると、継続検査は余裕をもっての受検が必要なのです。通常期限の一か月前からの受検が可能ですので、ステッカーに記載されている期日を確認しながら、継続検査申し込みを行ってください。

次の記事へ