コラム

車検、特にユーザー車検には予約が必要

愛車には必ず車検の時期がやってきます。継続検査を受けなければなりませんが、これをディーラーや専門業者に全て任せるか、自分で車を陸運局に持ち込んで継続検査を受検する『ユーザー車検』をするかの2択になるのですが、いずれもいきなり陸運局や店舗に持ち込んで継続検査を受けることは出来ません。



継続検査を受けるためには『予約』が必要となります。ディーラーや専門業者に依頼する場合には、電話連絡やインターネット上で車を持ち込む日時などを申し込むことになります。業者の中にはインターネット上での申し込みによって車検料金の割引が適用される場合がありますので、いろいろな業者を比べてみるのもよいでしょう。



自分で継続検査を受けるユーザー車検の場合は、自分で陸運局あるいは軽自動車検査協会に前日までに継続検査受検の申し込みをしなければなりません。申し込みは基本的にはインターネット上で行うことになります(電話での受付も可能な場合があります)。



まず、普通車の継続検査を受検する場合は、前日までに国交省の『自動車検査インターネット予約システム』で申し込みみが必要となります。申し込みのためには、アカウント登録を行わなければなりませんが、画面の指示に従って、氏名やメールアドレス、車台番号などを登録していくだけですので非常に簡単です。



申し込み時には、継続検査を受検したい日時(午前、午後それぞれ二つのラウンドが選択できます)を登録することになります。当日は、この日時に遅れないように車を持ち込み、継続検査のラインを通さなければなりません。



続いて軽自動車の継続検査の予約ですが、普通車が陸運局で検査するのとは違い、軽自動車の継続検査は軽自動車検査協会で行いますので、予約方法も普通車とは異なり、『軽自動車検査予約システム』上での登録となります。ここでの継続検査申し込みも、普通車の場合と基本的には変わりません。画面上の指示に従って登録していけば誰にでも簡単に登録できます。



なお、軽自動車の場合は、当日継続検査の枠に空きがある場合に限り、当日申し込みが可能です。しかし、空きがあるかどうかは当日にならなければ判明しないので、出来れば前日までに継続検査の申し込みを行っておくのが賢明です。



継続検査は普通車、軽自動車どちらも期間切れの一か月前から受検することが出来ます。ユーザー車検を受ける場合には、継続検査のラインを通る前に模擬ライン(テスター場)を通す必要がありますので、時間に余裕をみて申し込みすることが重要です。

次の記事へ