コラム

車検の期間が近づいたら見積もりを依頼しよう

車を所有しているとバスやタクシー等を使わずに、自分が好きな時に行きたい場所に行けるというメリットがあります。その反面、車には色々な維持費がかかるというデメリットもありますが、工夫次第で維持費を節約することも可能です。基本的な維持費と言えばガソリン代や消耗品代等がありますが、一番気になるのが車検代でしょう。



車は一定期間ごとに必ず車検を受けなければなりません。新車で購入した場合は初回三年間が有効期間となりますが、それ以降は中古車で購入した場合と同じように、二年ごとに受ける必要があります。車検にかかる費用は車の状態や大きさ等、いくつかの条件によって異なります。



費用の大部分を占めているのが法定費用と呼ばれるものです。車を所有している方が必ず加入しなければならない自賠責保険があります。これは強制保険と呼ばれることもありますが、自分で選んで加入する自動車保険とは違って誰もが加入する必要がある自動車保険です。



万一加入せずに車を運転した場合は罰則を受けることになるので、契約期間満了の時期が近づいたら早めに確認しておくと安心です。自賠責保険の保険料は車の大きさや住んでいる地域で変わりますが、どこの代理店で手続きを行っても保険料は同じです。



法定費用として支払うのは、他にも重量税や印紙税があります。重量税も車の大きさによって変わるので金額は事前に確認しておくといいですね。印紙代は決して高くはないので、あまり気にするような金額ではありません。



車検の費用を節約するためには、法定費用以外の部分をチェックしなければなりません。修理工場やカー用品販売店等で受け付けているので、初めに見積もりを依頼して提示された金額を比較してから選ぶと損をすることはありません。修理する箇所が見つからなくても基本料はかかります。もちろん修理が必要であれば、さらに数万円がプラスされることになります。



初めに見積もりを依頼する時に、修理箇所があれば丁寧に説明を受けることになるでしょう。見積書の中にどのような修理を行うかが記載されていることが多いので、メカに詳しくない女性の方でも安心です。



車は使用状況によって修理の有無が変わります。毎日通勤に使用している方と週末に一回だけ使用する方とでは、消耗の度合いが違ってきます。頻繁に運転する方の場合は部品の交換等で費用がアップするケースが多いですが、その後二年間安心して使用するためにも必要な修理は受けておきましょう。

次の記事へ