コラム

車検の見積りがあまりにも安いのは要注意

車検は自動車を持つ人にとって避けては通れない存在です。

これを通さないまま車に乗り続けると法的な処罰を受けてしまうわけですから、その車検の費用を支払うか、それとも車を手放すかの選択肢しかないのです。

ですがその費用もかなり高額で、軽自動車でも最低3万円ほどはかかってくると見て間違いありません。

そこから諸々の作業、点検や不良個所の修理・調整などを行っていくというのであれば、5万円、時には10万円以上かかることもあるでしょう。

そのため見積りを取る際には「とにかく安いところが良い」として考えてしまいがちなのですが、実は車検の見積りであまりにも安すぎる価格が提示されてきた場合には少々警戒をした方が良いのです。



これはどうしてかというと、まず大きな理由になるのが「しっかりとした技術を持つスタッフの作業はそれなりに技術料が発生する」ということです。

例えばディーラーで検査をお願いした場合と、民間の修理工場で検査を依頼した場合には価格に大きな差が出てきます。

これはディーラーだから高いというわけではなく、ディーラーで雇われているスタッフはそのディーラーの看板を背負い、必要な技術を習得しているからです。

もしそこでアルバイトが点検をしてミスを起こしてしまえばディーラーの信用問題にもかかわるわけですから、未熟なスタッフを使うわけにはいきません。

反面民間の修理工場ではディーラーの看板などを背負うことはありませんから、極端な話、アルバイトだけで作業を行っても良いのです。

そのため見積りの価格があまりにも安すぎる場合、スタッフの技術レベルに問題があるのではと考えるべきです。

またもう一つ問題となるのが「車検を受けたから車が壊れないわけではない」ということです。

確かに車検は公道を走行する上で最低限の保安基準を満たしているかどうかをチェックするのもですが、これはあくまでも検査時点の状態が基準を満たしているかどうかをチェックするだけのものです。



ブレーキパッドがあと1ミリ減れば保安基準を満たせずに交通事故を起こす可能性があるなどでも、その1ミリが残っているのであれば検査は通ります。

そして価格が安い業者は高確率で、このたった1ミリで持ちこたえているブレーキパッドの交換を見積りに含めません。

またブレーキオイルやエンジンオイルなどのオイル類の交換も同様に含めていないわけですから、結局検査を安く通した後で、高額な修理費用が発生するというケースが多いのです。

この点においてある程度の値段が請求される場合、車を点検していく中で問題点があれば必ず交換修理を提案し、状況の説明をしてくれます。

結局のところ車検をどこに頼むかは個人の自由ですし、そこで安さを追求することも個人の自由です。

しかしながら安すぎる見積りの裏にはこうしたリスクもあるということを必ず理解しておいてください。

次の記事へ