コラム

軽車検費用の比較検討の利点

車検は定期的に行う必要があり、車の検査を受けて安全と認められる事で安心して乗る事が出来ますから、新車の時は3年間、通常は2年に1回の検査が必要になっており、軽自動車の軽車検費用は普通車と比較すると安くなっており、軽自動車は排気量が660cc以下、長さ3.4メートル、高さ2.0メートル、幅1.48メートル以下という規格の自動車であり、車検で必須の費用としては法定費用が存在します。



法定費用の他には整備点検費用が必要になり、この両者をあわせた金額が車検に必要なお金となりますし、まずは法定費用というのは軽自動車の車両タイプでも分かれており、エコカーや13年経過車、18年経過車等の区別がされていて、必要な法定費用には少し差が生まれるものです。



内訳の目安としては、エコカーに必要な法定費用が自賠責保険26370円、重量税5000円、印紙代1400円という設定になっており、それ以外の部分でメンテナンス作業等が必要になると料金が加算されて軽車検費用になります。



法定費用は比較しても業者によって変わるものでないですが、メンテナンス料金には差が生まれるものであり、検査費用や申請代行費用等のような別途必要な料金は業者によって大きく値段が変わる事になり、これらの差が軽車検費用の差として現れる事になりますから、事前に比較検討してから車検依頼すると良いでしょう。



法定費用は固定であり、流動的に動く検査料金やメンテナンス費用等は一括査定で概算見積もりをとる事が出来ますから、複数業者からの査定比較を行う所から始めると良いですし、一括査定出来るサイトにアクセスして、査定依頼すればメール等で知らせてくれますから、提示された金額を比較すればどこの業者が有利に車検を行えるのかを見る事が出来ます。



業者によって違う相場を確認する事が可能であり、有利な取引が可能な業者を探す事が出来るという利点がありますし、見積り査定でチェックすれば値段の差が大きい事が理解出来ますから、一括査定を活用して有利な取引可能な業者を見つける事は基本になります。



検査費用は車種が関係無く一律という業者もありますし、申請代行料や車検基本料、事務手数料等は請求してこないサービスの所もあり、値段を抑えて車検を行う事が出来ますが、メンテナンスは必要な部分はお金をかけて修理して、安全に乗れる事を先決して判断すると良いですから、まずは一括査定から相場確認をして進めていくと良いです。

次の記事へ