コラム

軽車検費用に関する予備知識とは

軽車検費用に関する予備知識を知っておけば円滑に納得出来る形で車検を進めていく事が可能であり、そもそも軽自動車の現在の規格は排気量660cc以下、長さが3.4メートル、高さが2.0メートル、幅が1.48メートル以下の三輪や四輪自動車の事を指しています。



車検に必要な費用は大きくわけて2つあり、法定費用と整備点検費用によって決定される事になりますが、ここでは法定費用は必須のものであり、整備点検費用は車の状態によっては必要な時もあれば必要無い場合もあるものです。



軽自動車と言っても内訳には色々とあり、エコカーや13年経過した自動車、18年経過した自動車というカテゴリー分けがされており、エコカーの法定費用の内訳例として記載すると、自賠責保険が26370円、重量税が5000円、印紙代1400円が必要な法定費用となりますし、13年や18年では重量税の部分で差が生まれて年数が古い程少しだけ値段が上がります。



経年劣化が進んでいる程に整備点検費用が多くかかる傾向にありますが、整備点検で問題があると乗車する方に関わる事ですから、安全性を認められた状態に整備する事が必要になります。



軽自動車の車検に必要になる書類である、車検証や使用者の印鑑、他の各種書類等を揃えて準備して、軽車検費用の大まかな概算を知る為には一括査定で概算費用を知る事も可能であり、一括査定サイトを活用すれば各業者の相場を掴む事が可能ですから、安くメンテナンス調整を行ってくれる所を選択するのも有利な取引のコツになります。



軽車検費用に関する予備知識としては法定費用や整備点検費用の存在を知る事や、メンテナンスは業者によって違う相場ですから一括査定が有効といった事は予備知識として知っておくと良いです。



新車の時はメンテナンスが必要では無い事も多く、ディーラー系業者が利益を生む為にタイヤ等の交換要求する事もありますが、事前の見積りを出してもらう事で必要ではないものは省く事が可能であり、利益重視で治さなくても良い所を治されるのは注意が必要になります。



複数社からの見積りを出してもらう事で、業者によって違う相場の差を実感出来ますし、一括査定を出してもらうかどうかで大きな値段の違いを知る事も出来ます。



車検の基本は新車の時は3年、普段は2年毎に必要な点検作業であり、これを行う事で自動車のリスクを抱えている部分を理解出来ますし、今後どこがリスクになってくるのかも知る事が可能です。

次の記事へ