コラム

軽車検費用の相場について

日本の狭い国土に合っている軽自動車は非常に普及しているものであり、継続的に乗車する方も多い車ですから車検が必要になる方も多くなります。



まず軽自動車というのは排気量が660cc以下であり、全長が3.4メートル、幅が1.48メートル、高さが2.0メートル以下であるという定義があり、軽車検費用の相場としては経年等によっても多少値段は変わりますが、最低でも必要なのは3万5000円前後を1つの目安としておくと良いでしょう。



軽自動車で確実に必要なものは自賠責と重量税、手続きに必須の印紙代が発生する事になり、これらを合わせていくと最低限必要な価格が解ります。



軽車検費用では現在はエコカー、13年経過、18年経過、それらに該当しない軽自動車の法定費用等が違っており、いずれにしても法定費用相場は3万円代で収まるようになっており、ここからメンテナンスや摩耗している部分、損傷等は個人によって変わりますから加算されていく事になります。



具体的な内訳で言うと、軽自動車エコカーの車検の法定費用のばあいは自賠責保険が26370円、重量税が5000円、印紙代が1400円となり、合計の法定費用が32770円となり、これが最低でも必要な軽車検費用となり、さらに検査料金や摩耗や損傷のメンテナンスが加算される事で費用が膨らむという形になるでしょう。



依頼する業者によってもメンテナンス時の相場は変わる事になり、これは比較検討する事で有利にメンテナンスを行ってくれる業者を知る事が出来ますから、複数社の相場を確認した方が良いですし、最も車検において値段の変動が起こる部分になり、業者の選択次第では大きな差になってしまいます。



自動車の年数が増えるにつれてメンテナンス費用がかかる可能性があり、使用年数が長い軽自動車は安全に乗る為にもメンテナンスに費用がかかる傾向にあるので想定しておくと良いです。



軽自動車は普通車等と比べて維持コストが安いですし、日常で乗る場合でも運転しやすく利点が大きな車でもあり、長期間乗車する事が多い傾向にある車ですが、最も重要なのは運転者や乗車している方の生命であり、メンテナンスが必要な時はきっちりとお金を出して安心して乗れるようにしておきましょう。



いずれにしても業者の選択によってメンテナンス料金が大きく変わる事には注意して、いくつかの業者相場を確認した上で依頼する事が望ましいですし、コストを下げる時のポイントになります。

次の記事へ