コラム

軽自動車の中古車を車検する場合

軽自動車に新車と新車以外の車の車検(継続検査)は全く同じものではありません。まず、新車の場合は購入時に新車登録をした時点で3年間の車検有効期間が設けられています。これが中古車との大きな違いといえます。この3年間の有効期間はあくまで初回のみですので、2回目以降の継続検査からは通常の2年間の有効期間となります。つまり、新車以外の車は2年おきに継続検査を受検しなければならないわけです。もし中古の軽自動車を購入することになった場合、一番気になるのがこの『車検期間がどれだけ残っているのか』ということでしょう。



継続検査の受検後に名義変更したのであれば2年間は継続検査を受検する必要がありませんし、逆に期間が残っていなければ、すぐに次の継続検査の受検時期がやってくるのです。この期間の有無は車検証に記載もしくは車のフロントガラスに貼っているステッカーを確認すればすぐにわかります。もし期間を一日でも過ぎてしまった場合、もしくは一時抹消をしていた車を購入した場合は、継続検査を受けなければ公道を走行することは不可能です。このような期限切れの車を軽自動車検査協会またはディーラー、業者さんに持ち込む場合は、別の車両に運んでもらうか、市町村役場で仮ナンバーを借りるなどして継続検査受検に行かなければなりません。中古車の継続検査を受検する前にやらなければならないことが、『点検と整備』です。これは新車には無い項目となります。製造後ある程度の年数が経過しているわけですから、車の様々な箇所に異常が出てきている可能性に注意を払う必要があります。継続検査において必ず点検しなければならない部分は、法定点検で定められている箇所のみであり、それ以外の部分に異常があっても、それが法定点検で定められている箇所でなければ、継続検査に合格します。簡単に言えば『問題なく走行さえ出来れば継続検査は通る』というわけです。



そして継続検査に通ったからといって、今後2年間故障しないというお墨付きが得られるわけでは決してないのです。ユーザー車検の場合は、そのことを念頭に置いてください。ディーラーや業者さんに依頼する場合は、法定点検箇所以外の部分も点検整備をしてくれますので安心と言えます。このように、中古車の車検をする場合はいろいろなことに注意を払わなければなりません。製造からある程度年数が経った軽自動車は、ディーラーや業者さんに任せたほうが安全と言えます。

次の記事へ