コラム

軽自動車の車検に関する基礎知識を知る利点

軽自動車の車検に関しての基礎知識を知っておくと、コストを下げたり有利な取引を行える可能性がありますから、必要な費用の相場や書類の準備等の基礎的な事を知った上で行うとスムーズにいきます。



軽自動車は普通車等と比べても車検費用が安いものであり、必ずかかる費用としては法定費用があり、これは車両のタイプによって変わる事になり、エコカー、13年経過、18年経過というようなカテゴリーによって最低限必要な法定費用が変わる事になります。



エコカーは安い傾向が高くて合計が32770円であり、内訳は自賠責保険が26370円、重量税5000円、印紙代1400円という形になり、13年経過車も18年経過者も自賠責保険と印紙代は同じ値段ですが、13年が重量税7600円、18年が8800円となり、ここから使で検査料やメンテナンス料金が加算されて、メンテナンス料金が最も業者によって差が生まれる部分となります。



軽自動車の車検に必要な書類には、車検証、軽自動車納税証明書、自賠責保険証明書や重量税納付書、申請書や検査表、他にも使用者の印鑑が必要となるので準備しておくと良いでしょう。



経年劣化による自動車の損傷や摩耗している部分はメンテナンスが必要であり、必要に応じて部品交換する事も必要になりますし、使用の状況次第で大きくメンテナンス料金には違いが生まれますから、法定費用とは別途必要なメンテナンス料金は専門業者に調べてもらわないと解りにくい部分です。



いずれにしても車検対応してくれる業者によってメンテナンス時の料金相場には違いがありますから、ある程度業者の評判等は情報収集した上で依頼すれば大まかな見通しを付ける事が可能になりますし、そうする事によってコストを抑えながら軽自動車車検を進めていく事が可能になります。



多くの方が必要になる出費は、法定費用の3万5000円前後にプラスして検査料金とメンテナンス費用で合計5万円以上になる事が多く、状態によってはかなりの出費になる事もあるので注意が必要です。



複数業者からの概算見積もりをネット等で確認すれば、どこの業者がどの程度の値段で行ってくれるのかが把握出来ますから、メンテナンス料金の相場に関しては比較して選択した方が有利で納得の出来る取引を進めていく事が出来るでしょう。



一括査定サイトを利用する事が有効であり、一括で10社程度の概算を見る事が出来るものもありますから、相場確認を行ってから依頼すると良いです。

次の記事へ