コラム

軽自動車の車検を店舗依頼することができる専門店

 軽自動車には、主に「軽乗用車」と「軽貨物車」があります。

 軽乗用車は5ナンバーで、おもに人の乗用に利用されることを目的としたものです。

 軽貨物車とは4ナンバーであり、主に貨物の輸送を目的として利用されるものです。例えば、「軽トラック」と言われるものは、ここに分類されます。



 軽乗用車の車検は、新車登録時からは3年で、それ以降は2年に一度、受けなければなりません。

 軽貨物車に関しては、2年に一度です。



 2年に一度の車検の時期になると、その出費に頭が痛めてしまうものです。

 ディーラー等に依頼すると、軽自動車の場合でも、かなりの出費を覚悟しなければなりません。また、安く済ませようとすれば、しっかりとした検査を受けられないということも大いに考えられます。



 しかし、「車検の速太郎」を利用すれば、高品質なサービスを、低価格、短時間で受けることができ、その悩みは解決できます。

 検査費用は一律13000円(消費税別)であり、軽自動車の場合、自賠責の26370円と重量税の6600円、そして、印紙代1100円を合計しても、47070円で済ませられます。



 この安さの秘密は、顧客自ら車を持って行き、検査や整備を直接「店舗依頼」できるというところにあります。

 それにより、無駄なコストを省き、顧客に還元することで、驚くような低価格を実現できるのです。

 

 従来の車検システムでは、まず、業者が顧客の車を引き取り、それから、整備場へ持っていき、車検が終わると、また業者に納車するという流れが慣例となっていました。

 当然、「引き取り」や「納車」の際には費用が発生し、それは顧客が負担するということになります。

 「速太郎」は、そこに目を付け、従来の「納車」、「引き取り」を省き、徹底的なコストカットを行いました。



 「速太郎」を利用するためには、まず、事前予約が必要です。

 それから、自分で車を店舗に持ち込み、検査を依頼します。そして、検査員により交換の必要がある部品等についての説明を受け、その際、見積もりも出してもらいます。



 法令で定められた点検項目を全て検査してくれるので、その点において、従来のシステムと変わる部分はありません。また、国家資格を有した検査員と専門の整備士により、検査と整備がなされるので、安心して依頼することができます。



 そして、整備が終わると、検査員が今の車の状態と、今後のメンテナンスについて丁寧に助言してくれます。最短45分で車検が終わり、完了後、自分の車で帰ることができるのは大きな魅力です。



 

次の記事へ