コラム

「車検の速太郎」で整備を受ける際の必要書類

 車検の時期になると、その出費が気になって、憂鬱な気分になる人は決して少なくないでしょう。

 しかし、安全なカーライフのために、費用を惜しまず、たくさんお金を支払っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。



 「高品質で、しかも費用を抑えられる」という、人々の夢のような願いを実現する専門店があります。

 それは「車検の速太郎」です。



 従来型の車検では、顧客の車を業者が一旦引き取り、整備場へ運んでいました。そして、終了後、再び業者に「納車」されるというシステムが慣例的に採られてきました。そして、「引き取り」や「納車」の際に発生する費用は顧客が負担することになり、それが総費用に上乗せされてきました。

 速太郎では、その無駄な費用を抑え、顧客に還元することにより、安全で低価格のサービスを実現しています。



 速太郎を利用するために、まずは、事前予約が必要です。

 当日は自分で車を持ち込み、受付と検査の後、交換が必要な部分等について説明を受けます。その際も見積もりも出してくれます。

 国家資格を持った検査員と専門の整備士なので、安心して依頼することができます。



 整備が終わると、検査員がカルテを見せながら、現在の車の状況をしっかりと説明してくれます。また、これからのメンテナンスについても丁寧に助言してくれます。そして完了後、自分の車に乗って帰ることができます。



 最短45分で車検は終わります。このような直接持ち込みのシステムにより、速太郎は、全車種一律で13000円(消費税別)と、驚くような低価格を実現しています。



 さて必要書類ですが、基本的には「自動車検査証」、「自動車納税証明書」、「自動車損害賠償責任保険証明書」、「認印」の4点となります。但し、「任意保険」に加入している場合、それも持って行ったほうが良いでしょう。免許証の色や、年齢、または使用目的に合わせた保険を新たに提案してくれることもあります。



 尚、必要書類の中の「自動車損害賠償責任保険証明書」とは、旧来の「自賠責保険証」のことであり、有効期間中のものが必要となりますが、店で更新もしてくれるので、今ある書類をそのまま持って行けば良いでしょう。

 また、「自動車納税証明書」に関して、紛失等で用意できない場合は自動車納税事務所で再発行してください。

 そして、「認印」とは、自動車検査証の名義人のものを用意する必要があります。



 以上の必要書類を持って、お店に直接持ち込めば、最短45分で、13000円を基本料金として、高品質のサービスを受けることができます。

次の記事へ