コラム

車検を店舗依頼した場合の必要書類

車検は自動車検査登録制度の略称で、自動車やトラック、また250cc以上のバイクなどで必要とされる法定検査のことです。車検の年数は車種などによって異なりますが、普通乗用車の場合には初回は3年、以降は2年ごとに検査に合格する必要があります。この検査に合格することで自動車検査証が国土交通省の出先機関である陸運局または陸運支局から発行されます。この自動車検査証は、検査に合格したことを示すだけでなく自動車の所有権を明確にするため、自動車を売却するさいにも重要な役割を果たします。また検査の期限切れの自動車を公道で走らせた場合には、処罰の対象となります。



車検を受ける方法は2通りの方法があり、ひとつはディーラーや自動車整備工場などの店舗依頼をすることです。もうひとつは、所有者が直接検査場に持ち込んで検査を受けるというものです。また店舗依頼した場合についてもいくつかの方法があり、ディーラーや自動車整備工場の場合には陸運局からの指定を受けた工場で検査を受けさせ、書類のみ陸運局とやりとりするケースがあります。この場合には持ち込みに掛かる費用が掛からないメリットがあります。また代行で行う業者の場合には陸運局に直接持ち込んで検査を受けさせることになります。また個人が直接持ち込んで検査を受けさせることもでき、もっとも費用を安くおさえることができる方法です。



検査を受けさせるためには必要書類を持参する必要があります。必要書類としてはそれまでの検査証、自動車納税証明書、自動車損害賠償責任保険証明書の3つがあります。また認印も必要になります。基本的に必要書類がなければ検査を受けさせることができません。必要書類が欠けている場合にはそれぞれ再発行してもらい用意する必要があります。



また検査時には税金などを支払うことになるため、そのためのお金も必要になります。一般に検査だけを行うのであれば、法定費用として重量税と自賠責保険料、印紙代であり、自身で持ち込んで検査を受けさせる場合にはこの部分のお金が必要です。おおまかな費用としては軽自動車で3万円ほど、乗用車でコンパクトカーであれば4万3千円ほどになります。一方でディーラーや自動車整備工場で依頼した場合には、法定検査や代行費用などが必要になってきます。特に消耗部品の交換が行われるのが一般的なので、費用が高くなるというイメージがありますが、近年は最小限の検査のみをして費用を安くしているところも増えてきています。

次の記事へ