コラム

車検の必要書類は自分で揃えましょう

車検を受けるときには陸運支局や軽自動車検査協会へ提出しないといけない書類があります。これは整備工場に頼んだ場合でも基本的に自分で用意しなければなりません。すぐには手に入らない場合もあるのであらかじめ余裕を持って用意しておくことが必要です。



まず重要な必要書類は自動車検査証です。これは走行時に携帯している義務があるので必ず車に載せているはずですが、なくしたり破損していたりすることもあります。もしなくなっていると再交付してからの手続きになります。必要なのは使用者の認印の委任状です。自分で手続きするのなら、認印を持って陸運支局は行けば簡単に出来ますが、印鑑を預けて整備工場などへ頼んでもいいでしょう。



続いて自賠責保険の証書です。これも携帯義務があるはずなので自動車に載っているはずですが、もしなくなっていれば保険会社で再交付できます。ただし認印や身分証明書などが必要で割りと手間がかかります。既に車検が切れている場合には自賠責保険も切れていますので必要ありません。またもしなくなってしまっていて、再交付も難しいようなら、なくなっている自賠責保険の分を1か月分余分にかけることもできます。1ヶ月余分に25ヶ月加入するわけです。費用はそれ程多くなりませんので、簡単でいいかもしれません。



自動車税の納税証明書も必要書類です。これは自動車税の未納や延滞がないことを証明する書類で必要になります。通常は自動車税の領収書と同時にもらえますが、なくなっている場合には再交付できます。普通自動車は県の自動車税事務所。軽自動車の場合は市町村の役場になります。無料です。自分で用意するのがいいのですが整備工場に頼んでもいいです。ただし居住地と違うところになっていたりするときには時間がかかるのであらかじめ取り寄せて置いてください。郵送での再交付に応じてくれると思いますが、郵送料を切手で先に送って欲しいといわれる場合もあるので、問い合わせてみてください。



これらの必要書類がそろわないと車検が受けられないことになります。いずれも普通は比較的簡単に再交付できますが、住所を変更していなかったりすると時間がかかることもあるので、あらかじめ用意するのがいいでしょう。特に自動車税の納税証明書は円大金が残っていたりすると当然出してもらえませんので、気をつけてください。遅れて納付したときなどは延滞金のみ未納になっていることが良くあります。

次の記事へ