コラム

車検における必要書類と足回り点検のポイント

自動車の維持管理費用の中でも、数年毎に発生する車検は非常に大きな負担です。新車こそ3年間ですが、その後は2年毎にやってきますし、その都度大きな費用負担になってしまいます。そもそも車検ではどんなことが行われているのか、あまり自動車に興味のない方々はだいたいカーディーラーにお任せしているので関心すら持たないところですが、例えばユーザー車検において自分自身が車検を通す場合には、主に以下のような流れで作業が進んでいきます。

まず、書類の準備です。検査を受けるための必要書類は、検査証、自動車税の納付証明書、リサイクル券、自賠責保険の保険証書、点検記録簿の5種類です。なお、点検記録簿は、検査を受けたあとに自動車整備工場で整備を受ける場合、一部の項目が未完了でも受験可能ですので、必要書類の中で唯一不備が認められます。これらの書類を持って、自動車の走行距離メーターが何キロを示しているのかを記憶してから受検に向かいます。

受検ではまず必要な税金や検査料の支払いで、必要書類の整理を終えることが必要です。自動車税を2年分支払うとともに、自賠責保険の更新でこれも2年分(正確には2年1か月分になることもあります。)、受検の検査費用をそれぞれ窓口で支払って、書類に印紙として貼りつけてもらいます。車検証などから必要事項を転記して、必要書類の準備が完了したら、いよいよ検査レーンに入って自動車の検査が始まります。レーンの手前では検査官による目視検査が行われます。灯火類の動作良否、クラクションの正常動作、車体ナンバーの目視確認、ワイパーの動作状況などを確認してもらいます。続いてレーンでの検査項目は、排気ガスの状況が基準値以内になっているか、ブレーキは前輪・後輪ともに正常に動作するか、横滑りなどを起こさないか、スピードメーターは正確か(速度40kmになったらパッシングをするかクラクションを鳴らす方式で確認します。)、ヘッドライトの光軸は正常な状態か、という内容がそれぞれの専用機械で自動的に検査されていきます。最後に足回りの点検が行われます。足回り点検位置に自動車を移動させると、下にいる検査官が足回りの点検を行います。重要部の取り付け状況や、ハンドルを切った際の状態を確認してくれます。よく、ドライブシャフトブーツという蛇腹のゴム製部品が損傷している場合に検査を合格できないことがありますので、このドライブシャフトブーツだけは、事前にゴムの切れやグリス漏れがないかを確認しておくことをお勧めします。

次の記事へ