コラム

自動車車検において必要な費用

自動車が突然動かなくなったり、故障が原因で大きな事故に発展したら大変です。そのようなリスクを未然に防ぎ、いつも安全かつ安心して運転していくために、定期的な整備点検が必要です。そのため法律で、新車から3年目、それ以降は2年毎に車検を行うことが義務付けられています。さらに安全性を高めたい方は、強制ではありませんが、12カ月点検を加えることもできます。



多くの方が車検で心配になるのは、費用のことでしょう。一般に高額になってしまうとイメージされていますが、車検費用は、整備点検にかかるお金と税金などにかかるお金の二つからなっているために、合計すると高額になりがちなのです。



整備点検にかかる基本料金は、お店によって様々です。ディーラーの場合は2万円前後かかり、民間車検場などの場合は、2万円を以下で行っているところが多いです。また、この基本料金から各種割引を適用させることができるようになっている場合が多く、割引を適用させると、実質的に1万円前後の基本料金になるところが多いです。



これでは商売にならないのではと思うかもしれませんが、基本料金だけではなく、整備点検において不具合箇所があった場合に、それを整備していく必要がでてきます。たとえば、ブレーキのパッドがすり減っているので交換したり、ブレーキオイルやエンジンオイル、クーラントを交換したり、バッテリーやベルト類を交換しなければならないこともあります。これらの交換部品代に工賃を合わせると、4~5万円前後、大きな部品交換があると10万円以上になることもあります。



税金関係に関しては、車検毎に重量税と自賠責保険料を支払う必要があります。自賠責保険料は軽自動車で26370円、普通自動車で27840円かかります。重量税は軽自動車で6600円、ハイブリッドカーで7500円と大きな優遇税制があり、それ以外は重量が1トンまでで16400円、1.5トンまでで24600円、2トンまでで32800円と重くなるほど高くなっていきます。この他にも、印紙代1100円が法定費用に含まれてきます。



また、お店によっては、申請代行料、事務手続料などが請求されることもあります。少しでも安く抑えたい場合は、1社だけで決めるのではなく、2~3社から見積もりをとり、比較してみることも大切です。また立ち合いにより、部品交換の必要性があるかないか丁寧に説明してくれるお店だと安心かつ信頼をおくことができます。

次の記事へ