コラム

自動車の車検を受ける際の手続きの流れ

所有している自動車は必ず車検(継続検査)を受ける日がやってきます。普通車の場合、自分で陸運局に車を持ち込んで継続検査を受検するユーザー車検を行う際の手続きの流れとしては、まずユーザー車検の予約から始まります。予約方法はインターネットからのみであり、国土交通省のサイトの『インターネット予約システム』から予約を入れます。午前と午後各2つの時間帯がありますので、好きな時間帯を選択するのですが、ユーザー車検の場合は継続検査のラインと通す前にテスター場に行かなければなりませんので、時間に余裕があるかどうかを考えて予約するべきです。



予約が完了しましたら、次は自賠責保険の更新です。継続検査の際の必要書類のひとつとして、『自賠責保険証明書』があります。自賠責保険の期限は車検有効期間とほぼ同一ですので、継続検査を受けるたびに自賠責保険を更新していかなくてはなりません。更新により発行された『自賠責保険証明書』は継続検査の際に陸運局に提出することになります。また、『自動車税』の支払が終わっていない方は支払ってください。滞納がありますと、継続検査を受検できなくなります。これらが終わりましたら、継続検査受検を予約した日を待ちます(車に故障部分等がありましたら、継続検査の日までに修理を終わらせておきましょう)。継続検査受検当日は、まずテスター場にいき模擬継続検査を受けます。ここでブレーキなどの不備がわかります。テスター場で問題が無ければ、本番でも特に問題ありません。



陸運局では、継続検査の申請書と車検証、自賠責保険証明書、自動車税納付証明の必要書類と、その車種に合わせた自動車重量税印紙と継続検査手数料の印紙を購入します。これらを陸運局の窓口に提出して、いよいよ継続検査のラインを通します(初めてでも、係官が丁寧に教えてくれます)。ラインを通し、陸運局の窓口で新しい検査証とステッカーを受け取り、継続検査は終了となります。ここまでは自分で継続検査を受検する場合の手続きの流れを説明しましたが、ディーラーや業者さんに継続検査を依頼する場合でもまずは予約から始まります。あとは、業者さんが伝える必要書類を揃えて、当日に車と一緒に持っていくだけです。ちなみに軽自動車の場合、継続検査の受検場所が軽自動車検査協会になり、予約サイトが普通車と異なりますが、全体的な継続検査の手続きの流れは普通車とほとんど変わりません。

次の記事へ