コラム

車検の費用は相場がいくらか

車検を受ける時に気にすることというとその費用です。いくらくらいかかるのかは受ける前に知っておけば安心ですし予算の準備も行いやすくなります。相場を大体でも知っておけば車検の時期に用意がしやすくなるでしょう。まず把握しておきたいのが車検にかかる費用には法定費用と点検整備費用の2つがあります。



検査にいくらかかるのかは、車の種類、または状態、車種、車検を取り扱う業者によって違ってきます。このうち重量税や自賠責保険などの法定費は固定されたものになっているので、検査を受ける先によって変動することはありません。差があるのは点検や整備費で受ける先によって価格の差が大きくあらわれることもあります。

では点検・整備費用の相場についてはいくらくらいであるか、ディーラーの場合でしたら5万円から10万円ほどとなり、民間の整備工場であれば3万円から高くて8万円ほどとなり、カー用品店やガソリンスタンドでは5万円前後、車検代行では1万円~3万円くらいとなります。これは点検や整備にかかるだけの金額ですが、検査をすすめていくにつれて部品の交換が必要になった場合は、さらに料金が加算されることになります。

どこで検査を受けるかも必要となるので、最寄りりの業者をあたって出来るだけ安い費用で受けられるところを探すのでしたら、車検の一括見積もりのサービスを利用してみましょう。最寄りり店を検索するのに郵便番号などで地域を特定させて、自宅から近い業者を絞り込みます。またメーカーや車種などの項目から検索をすることも出来ます。



こうした一括見積もりのサービスでは相場も分かるようになっているところがあります。車種やその他の条件などにより全体的にかかる料金というものは違うので、自分の車の条件で絞り込み検索などを行った上で、自分の車についての目安を知ることが出来れば、準備などがしやすくなります。また自分が気になる業者があれば指定をした上で見積もりを依頼することも出来ます。

検査を受けることが出来る先を、こうしたサービスで探していくことでどこに車を出して依頼できるのかも事前に分かるようになり、さらに一括も積もりでそれぞれの見積もりを比較すれば、一番安いところがどこなのかも分かるようになります。こうしたサービスを利用することで自分の車をどこに出せば一番得することが出来るのかが分かり、検査時期が近づいてきても余裕を持って準備が行えるようになるでしょう。

次の記事へ