コラム

車検見積もり料金を調査する

車検に必要な見積りを料金を事前に調査する事は有効であり、まずは自身の自動車の車検にどれだけの必要がかかるのか目安を知っておくと良いでしょう。



車検費用の土台は法定費用と点検整備費用の2点であり、これが土台に費用が決まっていく事になりますが、まずは法定費用は確実に必要になる費用であり、これは業者がどこであっても同じだけのコストがかかる事になります。



法定費用は車種や年数等の要素で値段が変わる事になりますが、内訳としては全て自賠責保険、重量税、印紙代という3つの要素から成立しており、一般的には車種が大きくなる程にコストがかかる事になりますし、例えば軽自動車というカテゴリーで見ても、エコカーや13年経過車、18年経過車によって微妙に値段が違ってくる事になり、軽自動車と中型車、大型車によっても値段に差が生まれるものです。



いずれにしても法定費用を支払う事は避ける事が出来ない最低限必要な車検料金になり、そこから車の状態に応じて部品交換したりメンテナンス調整料が必要になります。



このメンテナンス等の点検整備にかかる費用で差が生まれる事が多く、ポイントになる事は業者の選択次第で大きく値段が変わるという事であり、ここで有効になるのは車検見積で概算を出してもらって調査していく事です。



見積の時にはインターネットを利用して一括査定サイトで複数社から一気に値段を提示してもらい、その値段をチェックしていけば業者毎に違う相場を掴む事が出来ますから、一括査定を利用してコスト調査を行う事が非常に有効な手段となり、費用を抑える上でも重要な作業になるでしょう。



軽自動車の場合は法定費用が大体3万円台で、1.5トン辺りの中型乗用車で5万円台という風に値段は変わり、そこからメンテナンス費用が加算させて最終的な値段が決まる事になりますから、法定費用は固定であっても点検整備は流動的な値段になりますから注意が必要な部分です。



点検整備費用を自力で行う方法もありますし、陸運局に行って検査を受ける方法ですが、これを行うには手間暇がかかりますが時分で整備する事が出来るならば平日に陸運局で検査を受ける事も可能になっています。



法定費用以外のメンテナンス料金が不要な方法ではあり、コストがかからないメリットがありますが、整備知識や技術が無いと結局検査に通らないですし、整備工場に持って行って時間もコストもかかってしまう事になりますから注意が必要になるでしょう。

次の記事へ