コラム

安いおすすめの車検業者とは

車検業者の選び方で気をつけておきたいことは、料金の安さだけに釣られてしまうことです。

確かに安いことは素晴らしいことですが、しかしその安さは上辺だけのものかもしれません。

どういうことかといえば、表面的な料金は安く見せておいて、実際に依頼したら後になって追加料金を請求してくるところもあるということです。

例えば、本来なら交換の必要がない部品の交換をすすめてきたりとか、そうした方法によってどんどん新たな整備を加えていき、結果的には最初に提示されたものよりはるかに高い金額になってしまうのです。

こういうケースも実際にあることなので、車検業者選びではくれぐれも注意しておかなければなりません。

では、どうやって車検業者を選んだらいいのでしょうか。

簡単におすすめ業者を紹介することはできませんが、一つアドバイスできることは、とにかくどんな情報でもオープンにしているところを選ぶことです。

料金のことはもちろんですが、整備のことや、経営のこと、これまでの実績のことなど、とにかく何を聞いてもちゃんと応えてくれるようなところなら、安心して車を預けることができます。

特に、料金の中には不透明になりがちな項目がありますので、その部分がちゃんとオープンにされているかはよくチェックしておきましょう。

不透明になりがちな料金項目とは、具体的には自賠責保険、代行手数料、リサイクル料、自動車重量税などです。

こうした一つ一つの料金項目で内容がオープンにされているところは、ひとまず信頼することができます。

もちろん、同じ技術レベル、同じ信頼性があるなら、その中でできるだけ安いところに頼んだほうがいいに決まっています。

したがって、サービスの質を確かめながら、安い業者を探すのは悪いことではありません。

ただし、効率よく安い業者を探すために、あらかじめ費用相場について調べておくといいでしょう。

こちらが相場を知らないと、業者が提示する車検費用について高いか安いかを判断することができませんが、相場を知っておけば、正確に判断することができます。

なおかつ、もう少し値下げしてほしいと思うときでも、費用相場をリサーチしたうえで知識武装していけば、交渉で業者を説得して値下げさせることもできます。

このように、安い料金を見つけることは実はとても簡単です。

それより、安心して車を預けられる信頼できる業者を見つけるほうが大変なので、業者選びではそちらに時間をかけるようにしてください。

次の記事へ