コラム

車検時にメンテナンス費用比較を行う

車検を行う時には業者によってメンテナンス費用が違いますから業者比較を行う事は必要な要素になり、車検は内訳としては必ず必要な費用である法定費用とメンテナンス等の点検整備費用が必要になります。



この法定費用に関しては必須のものであり、確実に必要なものでありますが、点検整備は車の状態によっては不必要であり、法定費用は自動車の車種によっても変わる事になります。



例えば軽自動車の法定費用と大型車では倍程の値段差がありますし、一般的には重量の大きな車になる程、法定費用がかかるようになりますし、法定費用の内訳に関しては軽自動車でも大型車でも自賠責保険と重量税、印紙代の3点の合計で決定される事になります。



点検整備費用は車の状態を見て整備が必要な部分に対してのものですから、タイヤ交換やオイル交換、経年劣化によるダメージや摩耗した部分を変更する等の費用になり、場合によっては非常に高額になる事もあるものですから、この部分の値段は業者比較を行って安い所を選択する事は有効になります。



例えばインターネットを利用して、車検の概算費用を一括見積もり査定を出してもらう事も可能であり、これは一度に複数業者からの概算費用を出してもらえる方法ですから、各業者によって違ってくる相場を比較する為にも有効な手段となりますし、車検費用の比較を行う事によって少しでも安く出来れば納得出来る可能性も高く、複数社の相場を知った上で納得可能な業者と取引を行う事が有効と言えるでしょう。



車検を行う事で安全に車に乗る事が出来ますし、新車の場合は3年、普通は2年に一度の点検が必要という事になり、車検においって必要な点検整備の項目は複数あり、エンジンルームの確認やランプやガラスが割れていないかの外観チェック、足廻りであるタイヤやドライブシャフト、下廻りのオイル漏れ確認、ブレーキやメーター、排気ガス等の検査を行う事になり、不備があれば通らないようになっています。



こうした要素に不備があれば、整備やメンテナンス交換等を行って、再検査を行ってクリアする事で車の検査が終了する事になりますから、必要な要素を整理して申し込みを行う事が必要になるでしょう。



いずれにしても値段の比較を行う事は重要であり、業者の選択によってはメンテナンスに必要な金額が全く違う事になりますし、複数業者からの一括査定のような便利な仕組みは活用していくと良いですから、まずは業者選びを行う事です。

次の記事へ