コラム

ユーザー車検でも重量税は同じようにかかります

ユーザー車検では点検整備などを自分でするので、そういう費用がかかりませんが、それ以外に整備工場などに依頼して車検を通してもらった場合でも、同じようにかかる費用があります。重量税などです。名前のとおり税金ですので、車検の受け方に関係なく同じようにかかります。したがってユーザー車検でも通常とまったく同じようにかかります。

重量税は乗用車や貨物車など自動車の種別に応じて金額が違います。またその名のとおり車の重量に応じて課税されます。車検のときに車検の期限をカバーするように先払いで納付することになります。また納付後でなければ車検の登録は出来ませんので滞納や延滞ということもありません。必ず車検時に納付することになります。また最近はエコカー減税でエコカーの対象になる車は、減税されやすくなっていることがあります。さらに年式で増税される仕組みがありますので、登録から13年あるいは18年を超えると高くなる仕組みもあります。このように最近は税制が複雑化していて、いくらなのかわかりにくくなっています。

しかし重量税は自賠責保険と並び、車検費用の多くを占める費用です。ユーザー車検のようにその他の費用が少なく安く済むと非常に大きく感じると思います。

具体的には乗用車では車両重量500kg毎に4100円です。実際には500kg以下の自動車はないので、1000kg以下で車検は2年後とですので2年分まとめて支払うので、16400円からということになります。1500kg以下なら24600円になります。また登録から13年以上経過している場合には、16200円が21800円となります。18年以上では25200円になります。

また貨物車は積載量もあわせた車両総重量に対して課税されるようになっていて、税額もやや安くなるようになっています。

軽自動車の場合は一律で6600円、13年以上で7800円、18年以上で8800円になります。軽自動車では貨物車も同額の税額となっています。

前払いですので、車検期限が残っている途中で登録抹消すると払い戻す制度もあります、。ただし単にナンバープレートを返納しただけでは適用されず、完全に解体してスクラップした場合にのみ残りの車検期間に応じて返金されますので注意が必要です。

車検費用は点検整備だけにしては高すぎるように感じますが、それはこのような費用が同時にかかっているためです。明細を確認することが必要だと思います。

次の記事へ