コラム

車検の必要書類を点検中に紛失が発覚した時の対処

車検を受ける際には、運輸支局に必要書類を持参し、検査の受付の際や新しい車検証の交付手続きの際に提出しなければなりません。

車検時の必要書類は、店に手続きの代行を依頼する場合は車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書(継続検査用)の3種類で、自分で運輸支局へ車を持ち込む場合はこれらに加えて検査票、自動車重量税納付書、継続審査申請書、定期点検整備記録簿が必要です。

車を検査に出す日までには、必要書類の所在を把握しておかなければなりませんが、もしどれかが紛失していることがわかった場合はどのように対処すれば良いのでしょうか。



必要書類の中で最も大切に保管しておかなければならないものの一つは、車検証です。

この書類は車の運転中には常時携帯しなければならないことが義務付けられており、携帯しないまま運転すると処罰の対象とされるだけでなく、運転免許取消の行政処分がでるおそれがあります。

したがって、この書類を紛失した場合は、その車両を使用せずに他の方法で運輸支局へ行き、再交付を受ける必要があります。



自賠責保険証明書も、車検証と同様に車内に常に保管し、運転時に携帯することが義務付けられている書類です。

この証明書をなくしたまま運転することも法律違反として処罰の対象となり、運転免許取消の処分も出ます。

この証明書を紛失した場合は、すみやかに自賠責保険に加入した損害保険会社に連絡した上で証明書の再交付手続きを行わなければなりません。



自動車税納税証明書(継続検査用)は運転時の携帯が義務付けられている書類ではありませんが、検査証や自賠責保険証明書など一緒に車内に保管されることが多い書類です。

納税証明書をなくしても検査証や自賠責保険証明書のように刑事処分や行政処分が出ることはなく、公道上を運転をすることはできますが、なくしたままにしておくと運輸支局で検査を受けて新しい検査証の交付を受けることができません。

したがって、納税証明書をなくした場合もすみやかに自動車税事務所や都道府県税事務所で再発行の手続きをとる必要があります。



検査票、自動車重量税納付書、継続審査申請書の3種類の書類は、検査前に運輸支局から書類を手に入れて、自宅に持ち帰って書類の作成をした場合に紛失する可能性があります。

しかし、仮に紛失した場合でも、紛失したまま検査日をむかえ、検査当日に運輸支局の窓口で書類を手に入れて記入を済ませておけば十分です。



点検整備記録簿は検査時の必要書類となっているものの、紛失しても特に問題はありません。

記録簿が無い状態でも検査を受けることができますが、検査終了後に必ず点検を実施して整備記録をつけなければならないので注意しましょう。

次の記事へ