コラム

飛び込みで費用の安い車検に出すのは危険!

すっかり忘れていたら、車検が近づき、付き合いのある整備工場や自動車販売店に見積もりを依頼すると、修理個所が多く、費用が高いと感じた人はいませんか?

車検の正確な検査内容を知る人は少ないでしょう。

この検査では、安全に公道を走行できるだけの基準を満たしているかのチェックがされ、それに合格すれば2年後の検査時まで継続してその自動車が使用できます。

しかし、合格しなければ再検査となります。

検査項目にはエンジンルーム、足回り、外装、排気系等、ランプの点灯、電気系統、オイル、ブレーキ系などの項目があり、さらに細分化される検査が行われます。

通常、一般乗用車の場合、新車から3年経過で車検となり、その後は2年毎に検査を受けます。

自動車は耐久消費財で、上記で述べた項目のように消耗部位が多くあるため消耗品交換と使用により耐久性が損なわれるであろう部品を定期的に交換及び点検をして行かなければ安全に乗ることができません。

そのために定期的に国が定めた基準で検査を行い、それに合格した車両のみが公道での走行が許されます。

近年、ユーザー車検や代行業など様々な新しい業者が出てきて、方法や料金体系も業者ごとに違いがあり、店舗を持たずオーナーの代わりに検査のみを通し、低料金とするところもあります。

また、最近多くなったのが、ガソリンスタンドでの代行で、「10000円ポッキリ」などの文言で新聞折込に入ることもあります。

この文言から消費者目線では、10000万円で検査が受けられ、いかにも費用が安いようにも感じます。

しかしながら、これは最低条件としてのもので、実際にピットで調べてみると、オイル系統、ブレーキ系、ベルト類が交換項目となることが多く、さらにエアークリーナーやエアコンフィルターと交換項目でないものも交換を勧められることがあり、ついでに洗車やエンジン内の清浄剤なども勧められることもあります。

本来、検査項目でも交換が必要でないものとあるものを、見積もりの段階でオーナーに伝え、日頃の使用頻度などから交換するべきか否かを予測し、オーナーと相談することが正しく、見積もり後に掛かる費用を一方的に提示する業者は良い業者とは言えません。

また、車検後に交換した部品の実物と説明もしっかりと行う義務があります。

安い費用に惑わされて飛び込みで車検を受けてはいけません。

また、近年駐車してある車のワイパーにチラシを挟む業者や飛び込みで訪問する業者も多いです。

信頼のできる業者に依頼することが良いでしょう。

次の記事へ