コラム

所有車の車検の予約ができる場所とその特徴

車検の手続きは、自動車を所有している場合に避けては通れない手続きの一つですが、現在では様々な場所で予約して受検することができます。

カーディーラーやガソリンスタンド、カー用品店など、車検に関係する業務を行っている場所がたくさんあることから、車検を受ける時期になると車をどこに検査に出すかは迷う所ですが、決めるにあたってはそれぞれの場所の特徴を把握しておくことが重要です。



まず、車検を受ける場合は運輸支局に検査対象となっている車両を持ち込む必要がありますが、自分で検査場に車両を持ち込む場合は、運輸支局に電話するか、自動車の検査業務を行っている独立行政法人が運営している専用ページを利用するかのいずれかの方法で検査の予約をしなければなりません。

インターネットから手続きを行う場合は、アカウント登録をしてIDとパスワードを取得しなければなりませんが、一度取得しておけば以後はログインして所定の手順を踏めば簡単に予約することができます。



また、車検のうち、継続検査については国土交通省から指定を受けている整備工場でも受検することができます。

しかし、指定整備工場で受検する場合であっても、希望日の2~3日程度前までに予約しておく必要があります。

指定整備工場で受検すると、基本料金や点検整備費用、部品交換代など、様々な項目の料金がかかりますが、中にはインターネットから受検の予約した場合に基本料金を割引してくれる店があります。



カーディーラーやガソリンスタンド、カー用品店などの自動車に関する専門店に検査の予約をした場合、その店が指定整備工場となっていれば、点検整備と検査の両方がその店で実施され、検査後の登録手続きも店側が代行してくれます。

しかし、指定整備工場となっていなければ、検査の作業は店が提携している整備工場で実施される形になります。

車の所有者側から見ると、どの店に車を預けても店側が車検にかかわる手続きを全て行ってくれることには変わりませんが、店に指定整備工場としての機能があるかどうかで検査の作業の流れが異なっているということは留意しておきましょう。



自分の所有車の継続検査をどこに依頼するかは、自宅周辺の検査受付をしている店の立地状況や、法定費用以外の検査にかかる費用の工面ができるかどうかなどをよく考えてから決めることが重要です。

また、自分で運輸支局内の検査場に車両を持ち込むことも含めて考えている場合は、継続検査の手続きをとる時間を確保できるかどうかという点も考慮しなければなりません。

次の記事へ